5803 図書館サービス特論 レポート

図書館サービス特論のレポート作成について書きます。

レポート設題集は使用期間平成27年4月1日~平成29年3月31日のものを使用しています。

また、勉強の流れについてはこの記事で、レポートの書き方一般についてはこの記事で説明していますので、併せて一読頂けると以下の記事も読みやすいかと思われます。

繰り返しになりますが、丸写しのレポートは再提出になりやすいようなので、参考にとどめてください。

 

1. 設題の分解と書き出し

 

図書館サービス特論のレポート課題は次のものでした。

「身近にある公共図書館を実際に観察し、その図書館で行われている課題解決支援サービスの特徴を述べるとともに、設置されている地域の課題を考えると他にどのようなサービスが実現可能か具体的に述べなさい。」

この設題においては、以下の太字部分がポイントとなるように思われます。

「身近にある公共図書館を実際に観察し、その図書館で行われている課題解決支援サービスの特徴を述べるとともに、設置されている地域の課題を考えると他にどのようなサービスが実現可能か具体的に述べなさい。」

すなわち、求められている骨組みは以下の2点です。

①ある図書館において実施されている課題解決支援サービスを紹介し、

②地域の実情を踏まえて実現可能な他の課題解決支援サービスを提案する。

そして上記の検討を行う前提として、身近にある公共図書館を実際に観察することが要求されています。

 

これらを踏まえて作成した導入は以下の通りです。

本稿は、筆者の居住する地域の公共図書館であるXX市立中央図書館を調査し、実施されている課題解決支援サービスの特徴を述べるとともに、さらに他のサービスとして実現可能なものを考察し、私見を展開するものである。

 

2. 設題①と設題②

 

まず①について述べます。

前提として、本レポート設題の解答を作成するにあたって、実際に観察することが求められています。

私は事前に図書館ウェブサイトにおいて図書館利用状況や図書館だよりを確認してレポートに書くべき課題解決支援サービス等を絞り、詳細について職員の方に確認しました。

いわゆる「これからの図書館像」以降、どこの図書館においても課題解決支援サービスには(なんとなく)注力されており、実施されているサービスに関して漠然と質問をするのは何だかナンセンスです。

情報が沢山ありすぎると何を書こうか迷ってしまいますし、せっかく準備をしたことを取捨選択するのには勇気が要ります。

そして準備した全てを書こうとすると(沢山情報を集めると、往々にしてこのような場合に陥ります)、字数制限に引っかかったり、設題同士のバランスが崩れたりする恐れがあります。

さらにそれらの問題の克服を試みると、紙幅の制限から内容を深める説明ができず、上滑りのレポートとなってしまいます。

当該図書館が何を課題と見なして重きを置いているのかを事前に調べ、ポイントを絞った上で職員の方に質問を持っていくのが双方の時間や労力の節約になるように思われます

また、事前に調べるにあたっては、当該図書館と他の地域の図書館とを比較することもおすすめです。他の地域における課題解決支援サービスと比べることによって、何に力を入れているのかが見つけやすくなります。

 

また、課題解決支援サービスによって取り組まれるテーマの例がテキスト8頁に挙げられています。

具体的に挙げられているビジネス支援、地場産業支援、健康・医療情報提供、行政情報提供、法情報提供などを念頭に置きながら、図書館で行われているサービスを見ていくと課題解決支援サービスが見つけやすいかと思われます。

 

以上を踏まえて私が作成した①の解答は以下の通りです。

 

 1-1. 情報コーナー

 XX市立中央図書館の正面玄関を入ると、情報コーナーが設置されている。6つのソファが設置されており、時間をかけて情報を得ることができる空間となっている。具体的には、以下の情報が提供される。

 ①求職者対象の情報 ハローワークと協力し、毎日の新着求人票を印刷し、1週間に渡り掲示している。また、地元の企業の求人の広告も併せて掲示されている。また、就職活動に資するセミナーや、パソコン等の資格取得のための講座のパンフレットが設置されている。

 ②健康管理に関する情報 健康診断の受診を勧めるポスターの掲示があるだけでなく、ソファで休んでいる高齢の利用者に対して、時折、XX市の公立大学であるY大学の学生が、健康診断受診を促す声かけを行っている。健康増進のためのイベントに関するチラシの設置がある他、図書館内のAVホールにおいて定期的にY大学の健康サポートセンター主催での無料ヨガ教室が開催されるので、その情報の提供もある。

 ③母子対象の情報 地域の保育施設だよりや、読み聞かせ会、子供向けの行事など、XX市内や周辺地域のイベントのチラシを設置している。併せて、子どもを持つ女性のための就職活動を助ける講座やセミナー、ハラスメント相談のチラシを設置している。

 1-2. 地域資料の充実

 XX市立中央図書館の1階開架コーナーには地域資料コーナーが設けられており、その広さは484平方メートルと職員から聞いた。XX市を中心に、沖縄に関する郷土資料を手広く収集している。コーナー内でも名護市に関わる資料と、それ以外の沖縄関係の資料に大きく分かれており、それぞれNDCによって主題区分されたのちに、XX市立中央図書館独自の排架順によって排架される。これらの郷土資料は、多くが利用者より寄贈されたものである。地域資料コレクションとしては、図書資料の他にもタウン誌の収集や、新聞切り抜きの設置がある。

 

次に、②について述べます。

ここでは、当該図書館が設置されている自治体の抱える課題を踏まえ、図書館において実現可能な課題解決支援サービスについての私見の展開が要求されています。

まず、当該自治体が取り組んでいる課題として何があるのか、インターネットや市政だより等を利用して情報を集めます。

そして課題解決支援サービスについて具体的な私見を述べるのですが、

(イ)現在行われている課題解決支援サービスで不十分な部分を指摘し、改善方法について述べる

(ロ)現在行われていない方法による課題解決支援サービスを提案する。

以上の2つの方法が考えられます。より簡単なのは(イ)による私見の展開になると思います!

また、(ロ)によって私見を展開する場合には、同様の課題を抱える地域の図書館における課題解決支援サービスを見ていくと良いと思われます。実際に取り組まれている例があれば、実現可能性に関してのハードルは低くなります。

 

以上を踏まえた私の解答は以下の通りです。

 

 2-1.図書館施設を利用したセミナー、講座の開催

失業率や高齢者の健康に関して課題を持つXX市としては、情報コーナーを活用した広報は評価できると考えられる。しかし、図書館以外の場所に赴くことが要求されるイベントが多く、様々な館内の設備を利用したものが少なく、幾分勿体ない印象である。館内の施設を利用したイベントを増やすと、様々な課題を抱える図書館利用者が、その課題の解決へより近づきやすくなるのではないだろうか。具体的には、就職活動の支援講座を図書館内のAVホールや会議室、クラフトルームなどの設備を用いて開催することが想定できる。XX市立中央図書館は、これらの設備は利用者であれば有料で使用できるようにしているが、青少年の家のように、課題解決につながるような一定の目的を有する個人や団体については、使用料を割引するなどの対応をとることも不可能ではないように思われる。現在ある図書館の設備のさらなる活用を期待する。

 2-2.観光分野の課題に対する働きかけ

 XX市の抱える課題として、観光分野での振興がある。この課題解決のためのサービスの具体例としては、観光に関わるビジネスの展開を助けるような図書を集めた特設コーナーの設置や、打ち合わせや勉強会等を目的とした、館内の会議室や集団学習室の利用促進が挙げられる。開館時間を19時まで延長したことから、働く世代の人たちにも利用しやすくなったと思われるため、そのような人達のニーズにも応えられることを、図書館はPRしてゆくべきであろう。

 また、立地の関係から、図書館自体が観光のプロモーションを行う拠点にもなりうる。XX市立中央図書館は、某商業施設と隣接している。この商業施設には、平日であっても全国からの旅行者を乗せた観光バスが入り、人々で賑わっている。また、地元の農産物や、沖縄県Z地域のお土産なども仕入れているためガイドブックにも掲載されており、ツアーではない旅行者も多い。当該商業施設に立ち寄った際に、図書館の存在を知らしめるような掲示を行い、図書館に足を運んでもらうことも出来るだろう。情報コーナーにおける、各種イベントのチラシの他にも、地域の店舗に関する情報を掲示することで、XX市の観光振興に資することも考えられる。

3. 解答例

 

以上を踏まえて、私が作成したレポートがこちらです。

 

本稿は、筆者の居住する地域の公共図書館であるXX市立中央図書館を調査し、実施されている課題解決支援サービスの特徴を述べるとともに、さらに他のサービスとして実現可能なものを考察し、私見を展開するものである。

1. 課題解決支援サービス

 1-1. 情報コーナー

 XX市立中央図書館の正面玄関を入ると、情報コーナーが設置されている。6つのソファが設置されており、時間をかけて情報を得ることができる空間となっている。具体的には、以下の情報が提供される。

 ①求職者対象の情報 ハローワークと協力し、毎日の新着求人票を印刷し、1週間に渡り掲示している。また、地元の企業の求人の広告も併せて掲示されている。また、就職活動に資するセミナーや、パソコン等の資格取得のための講座のパンフレットが設置されている。

 ②健康管理に関する情報 健康診断の受診を勧めるポスターの掲示があるだけでなく、ソファで休んでいる高齢の利用者に対して、時折、XX市の公立大学であるY大学の学生が、健康診断受診を促す声かけを行っている。健康増進のためのイベントに関するチラシの設置がある他、図書館内のAVホールにおいて定期的にY大学の健康サポートセンター主催での無料ヨガ教室が開催されるので、その情報の提供もある。

 ③母子対象の情報 地域の保育施設だよりや、読み聞かせ会、子供向けの行事など、XX市内や周辺地域のイベントのチラシを設置している。併せて、子どもを持つ女性のための就職活動を助ける講座やセミナー、ハラスメント相談のチラシを設置している。

 1-2. 地域資料の充実

 XX市立中央図書館の1階開架コーナーには地域資料コーナーが設けられており、その広さは484平方メートルと職員から聞いた。XX市を中心に、沖縄に関する郷土資料を手広く収集している。コーナー内でも名護市に関わる資料と、それ以外の沖縄関係の資料に大きく分かれており、それぞれNDCによって主題区分されたのちに、XX市立中央図書館独自の排架順によって排架される。これらの郷土資料は、多くが利用者より寄贈されたものである。地域資料コレクションとしては、図書資料の他にもタウン誌の収集や、新聞切り抜きの設置がある。

2. 他のサービスとして実現可能なもの

 第1章では課題解決サービスの実施について見てきたが、これらを踏まえ、今後展開しうるサービスについて私見を述べる。

 2-1.図書館施設を利用したセミナー、講座の開催

失業率や高齢者の健康に関して課題を持つXX市としては、情報コーナーを活用した広報は評価できると考えられる。しかし、図書館以外の場所に赴くことが要求されるイベントが多く、様々な館内の設備を利用したものが少なく、幾分勿体ない印象である。館内の施設を利用したイベントを増やすと、様々な課題を抱える図書館利用者が、その課題の解決へより近づきやすくなるのではないだろうか。具体的には、就職活動の支援講座を図書館内のAVホールや会議室、クラフトルームなどの設備を用いて開催することが想定できる。XX市立中央図書館は、これらの設備は利用者であれば有料で使用できるようにしているが、青少年の家のように、課題解決につながるような一定の目的を有する個人や団体については、使用料を割引するなどの対応をとることも不可能ではないように思われる。現在ある図書館の設備のさらなる活用を期待する。

 2-2.観光分野の課題に対する働きかけ

 XX市の抱える課題として、観光分野での振興がある。この課題解決のためのサービスの具体例としては、観光に関わるビジネスの展開を助けるような図書を集めた特設コーナーの設置や、打ち合わせや勉強会等を目的とした、館内の会議室や集団学習室の利用促進が挙げられる。開館時間を19時まで延長したことから、働く世代の人たちにも利用しやすくなったと思われるため、そのような人達のニーズにも応えられることを、図書館はPRしてゆくべきであろう。

 また、立地の関係から、図書館自体が観光のプロモーションを行う拠点にもなりうる。XX市立中央図書館は、某商業施設と隣接している。この商業施設には、平日であっても全国からの旅行者を乗せた観光バスが入り、人々で賑わっている。また、地元の農産物や、沖縄県Z地域のお土産なども仕入れているためガイドブックにも掲載されており、ツアーではない旅行者も多い。当該商業施設に立ち寄った際に、図書館の存在を知らしめるような掲示を行い、図書館に足を運んでもらうことも出来るだろう。情報コーナーにおける、各種イベントのチラシの他にも、地域の店舗に関する情報を掲示することで、XX市の観光振興に資することも考えられる。

  紙幅の都合上、考察を深める余地が残されているが、以上が現時点で実現可能と思われる課題解決支援サービスである。今後も図書館を利用する中で気づくことがある都度職員の方々に伝え、共により良い図書館という空間を作っていきたい。

 

以上です。

 

このレポートに対する講評は以下のようなものでした。

 

「XX市立中央図書館を取り上げ、現在実施されている課題解決支援サービス及びその特徴について、分かりやすくまとめている。まfた、後半の設題について、現状のサービスの拡大及び観光都市としての課題から新たなサービス案を具体的に提示できており評価できる。」(原文ママ)

 

設題を分析し、それに正面から答えることが求められているのかもしれません。

また、他の合格者のレポートに関する情報がないため強く言えませんが、具体的な情報を多く盛り込み、薄っぺらなレポートにならないよう留意する必要がありそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中