コンテンツへ移動
広告

いつか結ばれるより、今夜一時間会いたい

タイトルは宇多田ヒカルの Be My Last より。

今日は自分用のメモです。

喪失体験について:

喪失体験がもたらすもの;
本来あるべきはずのものがなくなってしまっているという欠落感
何かが不完全であるという気持ち
落胆の気持ち
「あなたには時間が必要だ」という言葉について;

時間そのものは何の癒しにもならない
重大な喪失を体験した後に何をするか;

喪失体験の直後に何をするかは重要である
喪失を忘れ去ってしまうというやり方で、喪失を完璧に克服することはできない
自らが経験した喪失は個人的なものであり自身の側面の一つとなる
愛する人を死によって失うという形の喪失について;

愛する人との死別は多くの意味を持つ
見捨てられた感覚を伴い無力感を伴い、愛する人との将来の期待を奪い去る
愛する人が不在でも自分自身の人生は継続していると最終的に認識すること
悲嘆は遺されたものの人生に肯定的な成長をもたらす準備行為である
死を悼むことは自分と他者についての理解を深め、その結果情動的に成長する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。