コンテンツへ移動
広告

Trial and error. 試行錯誤の勉強方法

ブログを始めて来月で一年になりますが、初期にアップした勉強方法レポートの書き方等の記事もコンスタントに読んでいただけているようで恐縮です。お役に立てて嬉しい気持ちのある反面、私の勉強方法が唯一の正解、或は、最短距離と思われないか心配です。

近大通信の司書コースとは離れてしまいますが、自分に合った勉強方法の見つけ方一般について、私の意見をまとめました。

(This article shows my way of studying, and it is written in Japan. Please look down and select your languages.)

 

1. 独学は勉強の基本

独学、すなわち、自分一人で学んでいく姿勢が勉強の基本であるように思います。

狭義には、「独学」とは学校や先生に付かないで学ぶことを指しますが、これは具体的に外から見て、ひとりか/ひとりでないか、という軸を基準にした概念という印象があります。

私の「独学」のイメージはより広く主観的で、自身にとって最も適切な勉強のやり方を探し、決断して、実行していれば、それは独学であるように思います。

生い立ち、置かれている状況、当面の目標など、人は同じ地面の上で全く違う世界を生きています。

自分の生活の中で、自分の目指す場所に向かって進む方法として、どのような勉強のやり方が適切であるかを考え、それに沿って学びを深めている人は皆、独学されていることになります。

自分にあった勉強方法の形態として、部分的に学校へ通ったり、通信講座を受講したり、あるいは読書をしたり(また、それらを組み合わせたり、、)という選択肢が無数にあるだけだと思います。

自分の時間を効率的に使って能動的に学ぶこと。

これが私の独学のイメージであり、勉強方法の基本です。

 

2. 学ぶことは真似ぶこと

学ぶことは真似ぶこと。

使い古された表現かもしれませんが、その通りだと思います。

独学が基本であるとはいえ、先人たちが頭も身体も使って編み出した方法に乗っからない手はありません。

いいかもしれない、と感じるものに出会ったとき、軽いフットワークで取り込める自分で居たいと常々思っています。

人(の脳)は放っておくと、いつもと同じ思考回路に終始する傾向があるみたいです。

確かに楽で安心で気持ちの良いものかもしれませんが、新しい挑戦の結果にしか向上や成長はありません。

上手くいっている人のやり方を、アレルギーを持たずに、騙されたと思って、

まずはやってみること。真似してみてください。

(具体的なアドバイスになりますが、例えば、

本を買う習慣が付いていない人は、

まず思いっきり本を買ってみてください。

本は身銭をきって買うこと。

この教えは斎藤孝先生から私は聞きましたが、

よくよく調べると文章の達人誰もが主張するところのものでした。)

 

3. Trial and error. 或は Variation and selection.

独学するにあたっては、試行錯誤は避けられないものです。

「自身の生活や目標に照らして、最適と思われる勉強法を真似ぶ」ことによって、学びを深めていくことが望ましいと思うのは既述の通りです。

その過程において、試行錯誤をどうか恐れないでください。

多くの人が良いと思っている勉強法、或は有名な人が進めている勉強法は、試してみる価値があるのは言うまでありません。しかし、実践した結果、もし自分に合わないものだと気づいたのであれば、潔く気持ちを切り替えて自分に合うものを探すべきです。

勉強法のために費やした時間や本代、ノートや付箋などの道具代を勿体なく感じるかもしれません。しかし、自分に合わない方法を無理をして続ける方が、はるかに時間も労力も勿体ないのです。私たちは有限の生を生きていることを思い出してください。

(本当に当該方法が自分に合わないのか、それとも単に頑張りが足りないのか、自分を律して判断できることが前提です。)

良さそうと思うものは、まず取り入れてみる。

そして、試行錯誤を怖がらないこと。

自分に合う部分だけは使って、合わない部分はやめてしまっていいのです。

そのようなtrial and errorを繰り返して、自分に合うオーダーメイドの勉強方法を探しましょう。

良い勉強方法を見つけた!という瞬間にたどり着いても、試行錯誤を止めないでください。一つ目標を達成すれば、また次の目標へと、自分をより良くする方法は無限にあります。常に成長の余地は残されているのです。

 

以上が私の勉強方法の見つけ方です。

今年の3月に必要な単位を修得し終えて資格を取得しましたが、今は次の目標に向かって勉強しているところです。

色々な方法を試しながら、より良い自分になれるように日々努力ですね。

一緒に頑張りましょう!

 

<参考文献>

大人が勉強するにあたって、参考になりそうな文献をいくつかご紹介します。

 

◎柳川範之先生

東大教授が教える独学勉強法
独学という道もある (ちくまプリマー新書)

◎吉田穂波先生

「忙しい」「できない」「間に合わない」から受かる!超効率勉強法

また、文章の書き方として、

大学生のための知的文章術 (燃焼社セクレタリーブックス)
どんな論文でも書けてしまう技術 (言視BOOKS)

 

通信教育や大学で勉強されている方で、Amazon studentに登録されていない方はこちらから登録できます。登録料はAmazonプライムの半額ですが、来るprimeデーにも参加できるみたいです。楽しみ!

広告

3件のコメント »

  1. どうも初めまして。実は私も去年後半から司書資格の勉強を始めており、
    7月の末に無事資格を取ることが出来た者です。その際、勉強方法の記事が
    大変参考になりました。勉強きっちりするってのは久々で、不安も大きかったのですが
    まず最初の試験4つが上手く行き、それ以降は一つもミスりませんでした。
    そして何とか目標を達成することが出来ました。それに加え、私的な話ですが
    人間関係も大きく広がりました。それは自信がついたことによるものが大きいです。

    最初の試験合格の時にも本当はお礼を申し上げようかと思ったのですが、
    どうせなら全て終わった後「合格報告」したいと考え、それを実現するのを
    目標にしていました。今回その合格報告が出来て良かったです。

    それでは。

    いいね: 1人

    • 嬉しいコメントをありがとうございます。

      まずは、資格取得おめでとうございます!
      試験合格及び資格取得は、偏にご自身の努力の賜物と思われますが、少しでもお役に立てたのであれば光栄です。
      資格取得に限ったことではありませんが、目標を達成できた、というのは大きな自信になりますよね。
      次の目標に向かって邁進する助けになると思います。

      合格をご報告くださってありがとうございました。
      ブログを綴る励みになります!

      いいね

      • 返信ありがとうございます。

        特に去年8月22日の記事「勉強方法」は本当に参考になりました。
        テスト勉強ってどんな感じですればいいんだ!と思っていたところ
        そちらに辿り着いたんですが、本当に助かりました!
        (前の投稿の時は他のブログかなと思い言いませんでしたが、ここでしたね)

        こちらも無事お礼を申し上げられる環境になり、嬉しいです。
        様々な自分と関係ある方に報告もできたわけですが、
        その度に毎回充実感もありましたので。
        自分も次の目標に向かって邁進します!

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。