How I try to be a foxy girl in “fat” prefecture in Japan.

日本において、肥満率の最も高い県は沖縄県らしい。

Twitterを見てくださっている方には薄々勘付かれているかもしれませんが、現在絶賛ダイエット中です。

沖縄にお嫁に来て早一年、自己流でダイエットを頑張ったり休んだりしていたのですが、見た目は変わらず、体重は増えたり減ったりでした。

近い将来には子供も欲しいし、いつまでも健康で色々なところに行って色々なことして遊びたい!

それにしては太りすぎだしウツクシクナイ。26歳の本気を出そう!

そういうわけで(?)、先日から本気ダイエットを始めています。

去年の一年間、自分の中だけで頑張っていても効果が出なかったので、このブログで経過を報告して自分を律したいと思います。

 

そしてあわよくば、

肥満率第一位の沖縄における、普通の主婦のダイエットの記録が、

誰かの何かの役に立てばいいなーと思っています。

 

(何かの間違いで辿り着いてしまった知人の方、そっとして頂けると嬉しいです。)

0. スペック

 

まずは現在のスペックから。

26歳、152cm – 大体61kg

仕事は立ち仕事で週2の5-6時間。あとは家で家事してます。

3-5月はジムに通っていたのですが、

9月にtoeic受験を控えており時間が惜しく、ストレスに感じてしまったので休会中です。

unnamed

1. 食生活

 

最近になって、食生活を見直しました。

糖質制限やMEC食などの本を読みながら、自分に都合よく解釈した自己流ダイエットでぷくぷく成長した去年の一年間。くぅ。

いつまでもこれじゃ痩せられませんわ!と一念発起し、森拓郎先生の本を引っ張り出して再読しました。

「食事9割、運動1割」という言葉は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

先生の本とは2015年に出会って、この頃は50キロ台をキープしてました。

ですがその後色々な事情に追い詰められてしまって食べ物に逃げる日々が…(言い訳略)。

で(雑)、著書を引っ張り出して基本に忠実に食生活を見直しているところです。

 

私がとにかく感銘を受けて一日に何度も呟くのは、

自分が口にしたものからしか身体は作られない。

なりたい身体を作るために、必要な食事を摂る。

ということです。

 

具体的には、カロリーを気にしつつ、糖質を控えて栄養価の高いものを食べるようにしています

ちなみに今日の3食はこんな感じでした。

朝: ゆで卵×2-3個(塩と亜麻仁油を混ぜたものを付けて食べます)

昼: ゆで卵×1個、ビ○タスなど脂肪ゼロのヨーグルトにエリスリトール。

夜: ゆで卵×1個、主人と一緒に鍋など。夜には糖質を摂らないようにしています。

間食: プロテインを低脂肪乳で溶いたもの。

大体カロリーは1000-1300くらいになるように調整しています。

DSC_0668

DSC_0669

やめたい食べグセ (ベスト新書)
味覚を変えればやせられる
「考え方」を変えるだけで誰でもヤセられる!

この3冊は明日読みます。

 

記事を改めてまた書こうと思いますが、タンパク質は偉大です

個人的な印象ですが、

卵を沢山食べるようになってから、髪や肌のツヤが良くなり、夜もぐっすり眠ることができるようになった気がします。

糖質をやめたことでむくみも取れて、体重も2キロくらい減ってます。

今のところ、卵は一日に何個も食べても大丈夫みたいです。

 

 

2. 運動

 

現在、運動は特にしていません。

有酸素運動は毎日した方がいいとか、綺麗な体にするためには筋トレが必須とか言われます。

でもですね。

他の日本の地域に比べて紫外線が○倍の沖縄で、私は歩く気になれません。

シミやシワ、色々なトラブルのもとになるから、日焼けはしたくないんです。

 

月経の期間を除いて、ビリーズブートキャンプコアリズムのDVDを引っ張り出して、

気が向くときに楽しめる強度で遊んでいます。

 

私は体を動かすことが苦ではないので続けていますが、

運動が嫌いな人はしなくていいと思います。

という趣旨のことを森先生はおっしゃっています。

DSC_0658
運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版] (impress QuickBooks)
「年齢とともにヤセにくくなった」と思う人ほど成功する 食事10割で代謝を上げる (美人開花シリーズ)
運動指導者が教える 食事10割でヤセる技術 (美人開花シリーズ)

びっくりするようなタイトルですが、読むと納得です。

 

とにかく食事の改善から!

DSCN8454_Fotor

 

差し当たり、今日のところは以上です。

 

これから半年後や5年後や10年後、30年後の自分が感謝するよう、

今日の自分の自分を大切に生きていたいものですね。

広告

How I try to be a foxy girl in “fat” prefecture in Japan.」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中