Taiwan trip: 高雄・旗津半島でかき氷2つを食べ比べ

旗津半島のフェリー乗り場付近でかき氷を食べ比べる。 (This article is written in Japanese. Please look down , find translation button, and select your languages.) 去るゴールデンウイークに、3泊4日で台湾高雄へ旅行してきました(写真で振り返る記事はこちら)。3日目は高雄の街で公共自転車を借りながら遊びました(足が届かなくって怖かった!)。観光地として有名な旗津半島にも行ってきましたよ。本当に暑くて、かき氷がいっそう美味しく感じられる場所です。儲かって仕方ないだろうね! 半島に着いてまずひとつ、チャリで海岸沿いを爆走し、返る前にもうひとつ頂きました。 似たようなお店が沢山あるので、お店選びの参考になれば幸いです。   贅沢!マンゴーかき氷 フェリーで半島に到着したはいいものの、暑くてチャリに乗る元気がない。 まずはかき氷でチルアウトでしょ!と適当な路地に入ったところで見覚えのあるマンゴーの看板を発見。「有間冰舖」でマンゴーかき氷を食べました。 店内はこんな感じでオープン。クーラーの風もガンガン逃げていってます。   待つこと数分、マンゴーかき氷が運ばれてきました。 お皿やスプーンが、いちいちレトロでカワイイ! 好きな氷のタイプに変更できるので、私たちは店のおばちゃんおススメの、ふわふわの牛乳味の氷で作ってもらいました。 口に入れた瞬間とろーっと溶けて、優しい牛乳風味に癒されます。 うーん、チルアウト。 マンゴーもごろごろ入っている、贅沢な一品です。確か150元くらいでしたが、日本じゃ同じ値段で絶対に食べられませんよね。   キンキンに身体を冷やした私たちは、この後公共自転車を借り、何もない半島のサイクリングロードを爆走したのでした。 謎のオブジェやアートな場所が海水浴場沿いのサイクリングロードにありましたが、目もくれず自転車で爆走しました。とにかく自転車に乗るのが娯楽になっていました。こんなに思いっきり自転車漕げるところ、なかなかないですよ。気持ちよかったなー。 海は沖縄のほうが断然きれいなので、ビーチにも下りませんでした。やっぱ、台湾と違って港町じゃないしね。田舎だしね。   気が済むまで自転車に乗り、汗だくになった私たちは、市街地に戻る前にもう一軒かき氷屋さんに行ったのでした。   デカ盛りの店おすすめ!地味旨かき氷 二軒目のかき氷屋さんは、「大碗公冰·甜品(旗津直營店)」。ここは、デカ盛りのかき氷で有名なお店です。 あー、なんて怖い看板なんだろう。 洗面器みたいだな!   2人でデカ盛りを食べる余裕はなく、普通に美味しいかき氷が食べたいね、とメニューを見て悩みました。 この人気メニューの写真の201番。小豆の氷にタロイモ、粒あん、練乳がかかったものに、黒タピオカを追加したものを注文しました。このとき大体お昼の1時くらい。 暑すぎで全然お腹が空きません。   暑すぎて脱いじゃってる人もいます。 今気づいたけれど、テーブルの上にある星座のおもちゃ、すごい懐かしい。ちょっと前まではファミレスとかで見かけたけど、最近全く見なくなりましたよね。 早く身体の中に氷を入れたくて、気が回らなかったけど、遊べばよかったなあ。   待つこと数分、10分くらいかな? 来ました。めっちゃ地味な色合いだけど美味しそう! … Continue reading Taiwan trip: 高雄・旗津半島でかき氷2つを食べ比べ