コンテンツへ移動
広告

勉強方法:テキストの読み方

随分前にアップしたにも関わらず、勉強方法や、レポートの書き方の記事が依然よく読まれているみたいです。ありがとうございます!

今回は「テキストの読み方」についてまとめました。

読書は勉強の基本ですが、通信教育や独学のためにテキストと向き合う必要の大きい場合には、その「読み方」を特に意識する必要があるように思います。

(This article shows my way of studying, and it is written in Japanese. Please look down and select your languages.)

 

勉強方法の記事で紹介している通り、私の勉強方法においては「テキストを読む」というステップが重要な位置を占めています。

しかし、どのように「読む」のかについて説明が不足していた印象があります。申し訳ありません。

10月より受講される方もいらっしゃると思われますので、今一度、どのようにテキストを読んでいたのかを振り返ります。

※ 本の読み方についておすすめしたい本として、以下のものが挙げられます。勉強は、Trial and error でお話したように、試行錯誤しながらご自身のスタイルを見つけてもらうものです。私のブログを参考にしてくださるのは大変嬉しいことですが、ここに留まらず近大通信での勉強をきっかけとして、色々なメソッドに触れてみてください。そして実際に試行錯誤して、あなたの勉強方法を見つけてください。一生ものの技術になると信じています。

樋口裕一『差がつく読書』:第一部「「実読」の方法」は、勉強のための読書に特に当てはまります。以下で紹介している斎藤孝先生も、この本を読まれたはずだと予想しています。第二部以降の楽しむための読書の方法も、今後図書館で働く意思のある我々にとって、かなり示唆に富んでいるように感じられました。

斎藤孝『大人のための読書の全技術』同『大人のための書く全技術』:アウトプットを意識した読書の方法について詳細に書かれています。近大通信教育部の司書コースにおけるテキストはまさにテストやレポートでのアウトプットを予定されているものなので、即戦力になるアドバイスだらけだと思います。これら二冊は『大人のための会話の全技術』と併せての三部作?となっていて、三冊並べていると言葉の力、とりわけアウトプットする力の価値について考えさせられます。斎藤孝先生をして、ここまでの量を語らせるほどに、言葉を操る力は重要なものなんですね。

 

 

1. テキストの読みの基本:速読

 

勉強方法の記事より抜粋いたしますが、私の勉強方法はテキストを読むことが基本で、

1. テキストの通読

まず、テキストを通読します。

この時はとにかくスピード感を持って読むことを心掛けています。鉛筆は持ちません。

2. テキストの通読(2回目)

もう一度テキストを読みます。

この時、鉛筆で下線引き、メモの書き込みを行っています。

という段階を踏んでいました。

 

スピード感を持って読む、という記述でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでの通読は速読です。上記の樋口先生の説明をお借りすると、「基本的に最初から最後までを視野に入れる」ことを目的とした、さしあたり「全体は理解することを目指す読み方」と説明できます。いわゆる斜め読みです

一回目の通読で、当該科目の大体の輪郭を把握し、二回目の通読で重要なところ(≒レポートや問題集解答作りの部品になりそうなところ)に目印を付けます。

 

そもそも、読書の技術は以下のような二つに分類できます。本によって読み方を変える必要があるのです。

一つは、本を読んで得た情報を実際に役立てるための読書です。もう一つは、文学を味わうなど自身の楽しみのための読書です。

言うまでもありませんが、近大通信のテキストの読みは前者であるべきです。味わったり、解釈したりする必要はないので、限られた時間のなかで効率的に早く読むのが望ましいと言えます。

 

さて、私が行っていた斜め読みのポイントを具体的に説明すると、以下の2点に絞られます。(樋口先生のテクニックから学びました。)

1. 知っているところはどんどん飛ばす

章や節のタイトル、または小見出しを読んで大まかな内容が把握できるところはどんどん目を先へ先へと動かして読みます

図書館での勤務経験がない方、近大通信ではじめて司書という仕事に触れるという方にとっては、最初は簡単には出来ないことだと思います。しかし、本は知識で読むものなので、テキストに加えて紹介している参考書にも触れ、関係のある科目をクリアするごとに、読むスピードが加速してゆきます。安心してください。

2. 分かりにくいところは注意して読む

飛ばして読んでいて、段々とテキストについていけなくなったように感じたら、スピードを落としてあやふやなところに戻ります。戻って読み直す際には、漫然と全体を読み始めるのではなく、問題・結論といった文章の構造を意識して、重要な情報は何であるのか頭で整理しながら読んでください。

以上のような斜め読みによって、スピード感を持って通読をします。科目によりますが、一科目1時間を目安に読んでもらうといいかもしれません。

 

 

2. 斎藤孝先生に学ぶ 速読力を養う技術

上記のように、斜め読みによって速く読んでしまうことを私は心掛けていました。

そのような速読力をさらに高めるものとして、①本を読む目的を設定すること、②時間的締め切りを設けること、といった「仮の設定」をつくることを斎藤孝先生は提案されています。

以下で説明する通り、この二つの「仮の設定」は近大通信での勉強に非常にマッチします。今まで速読や読書の方法について意識していなかった方々は、是非挑戦してみてください。

 

1. 本を読む目的

私たちが当該科目のテキストを読む目的は、レポートを書いて、テスト問題に答えることです。そのゴールに向かって必要な情報を集めることが、当該テキストを読む目的です。

テキストの内容をまとめるノート作りは時間の無駄です。今すぐ止めた方がいいです。

 

私の勉強方法においては、レポートの執筆の前段階として、「レポート問題を意識してテキストを読む」ステップを踏みます。レポートの課題を確認し、重要と思われるところに焦点を当てて再びテキストを読む作業です。

また、テスト問題の解答作りにも同じような段取りでアプローチしました。問題集を確認し、答えになりそうなところを探してテキストを読みます。

また、レポート作成においても、解答作りにおいても、参考書を併せて使われる方もいらっしゃると思います。テキストに書かれていることが中心となるべきですが、レポートや解答作りにおいては、テキストの抜き出しではなく、様々な情報源に触れて得た知識を踏まえて自分の意見として答えられると高評価でしょう。

このように参考書を利用される時にも、レポートを書いてテスト問題に答えることが目的であると意識して情報を集めてください。参考書の処理にかかる時間が格段に違います。

 

2. 本を読み終える時間的締め切り

当該テキストを読み終える時間的締め切りの設定も有効です。

助かることに?、近大通信の司書コースではテストを受験出来る日程があらかじめ決められていますよね。のんびりしていられません。

一年での合格を目指すとして、何月にはどの科目を受けるのか、スクーリングやメディア授業はいつ受けるのか、その前提となる科目や他の科目との優先順位の兼ね合いなどを、ご自身の予定(旅行、冠婚葬祭、引っ越し、仕事の繁忙期など)を踏まえて、逆算して一年分決めてしまいます。

テストを受験する科目の順番や日程を決めたあとは、その目標を達成するためにまず今月はどこまで勉強を進めておけばよいのか、今週はどこまでテキストを読めば良いのか、といった目標を立てます。

※勉強の時間確保、スケジュール管理については通信教育で勉強するということで詳説しております。

働いて、きちんと暮らして、親や子どもの世話もして、その中で確保できた勉強時間は沢山ではないかもしれません。しかし限りある時間を意識して、「30分で半分読んでしまおう!」「一時間で読み終わろう!」と意識することで、私はどんどん速く読めるようになりました。

また、時間の締め切り設定で気を付けたいこととして、余裕を持たせた締め切りにしないことがあります。ぎりぎり達成できそうな締め切りにして自分を追い込むことです。

2時間勉強時間がとれたとして、その2時間全てをのんびりテキストに費やすのは得策ではありません。1時間でテキストを通読して、30分で問題集とテキストを照らし合わせて、残りの30分で参考書の使えそうなところに付箋を貼っていく、というように、勉強時間はみっちり集中すると良いでしょう。

 

以上の「仮の目的」をご自身で設定し、速読のトレーニング、そして勉強自体をゲームのように楽しみながら取り組んでください。一年は長いようで短く、そうとはいえ、其れなりに長丁場です。

自分で設定したゴールに取組んで達成することって、脳科学的にもかなり良いみたいですし。

 

 

さらに速読のための内容理解を助けるものとして、以下のことが考えられます。

3. 問題集を利用する

 

既述の通り、本は知識で読むものです。

したがって、当該科目やその周辺科目の知識が増えるに応じて、テキストを読むスピードは加速することでしょう。

本の内容理解を助けるものとして目次がありますが、近大通信の司書コースでの勉強においては、レポート問題集とテスト問題集が特に当該科目の輪郭に関する知識を増やすのに有用です。

レポートを書いて、テスト問題に答えるというゴールに向かって、大事なところはどこか、どこをしっかり読むべきなのかをあらかじめ把握することで、本を読むことが易しくなります。

そもそも一般的に、ある問題を出すということは、その部分を理解すべきであるということと考えられます。

つまり、出題された部分が当該科目にとって大事なところである、という場合が多いのです。

 

私の勉強方法においては、2回目の通読のあとにレポート課題を確認して3回目の通読を行っていますが、一度通読した後、あるいはまず最初に問題集を確認してもよいのかもしれません。

自分自身が試していないのに勧めるのはすこし気が引けますが、今になって考えてみればとても効率が良いような気がしますので、紹介しました。ぜひ、試してみてください。

 

 

 

以上が、私のテキストの読み方についての説明でした。

テキストも参考書も、とにかく締め切り意識をしながら速読し、繰り返し何度も読んでください。

じっくり時間をかけて一回読むより、何度も繰り返し読む方が記憶に定着しやすいとどこかで聞きました(曖昧)。情報源は思い出せませんが、私の実感としてそんな気がします。

 

 

 

今回もいくつか本を紹介をしておりますが、通信教育や大学で勉強されている方で、Amazon studentに登録されていない方はこちらから登録できるので、購入の際にはぜひ登録されるといいと思います。

通常より多くポイントが付くので、一年間の司書コース在学でかなり得をしました。

 

また余談ですが、本は紙のものを買う派だったのですが、スマホでも読めるみたいなので、Kindle Unlimitedに登録しようかなーと検討中です。毎月980円で読み放題っていいですよね、、

現在日本の南の方の片田舎に住んでいるので、品ぞろえの良い本屋さんもなく、Amazonの配達も時間がかかり、教養の飢えを感じています、、、。

もし利用されている方がいらっしゃいましたら、感想を教えてください♡

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。