チャイナエアラインで高雄へゆく: China airline and Kaosiung airport review

2017年5 月の台湾(高雄、台南)旅行は、チャイナエアラインの那覇-高雄線を利用しました。 高雄に行くのは初めてで、出発する瞬間から楽しみ。チャイナエアラインは福岡から台北へ行くときに利用した気がするので、なんだか久しぶりで懐かしかったです。 本記事では、機内の様子や那覇空港、高雄空港を利用しての所感を綴ります。 (This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.)   1. 那覇空港 新国際線旅客ターミナル   往路は21時20分発の便だったので、ゆーっくり時間の余裕を持って準備できました。 国際線ターミナルは何といっても新しい! 出国手続き前のエリアにはレストランもありましたが、夜も遅かったためか閑散としていました。小さめのローソンでは、外国の方がローカルな?お土産を物色中。 出国手続きを済ませた待合いロビーには、パイナップルパークの売店などきれいなお店が並んでいましたよ。 この便を利用するのは台湾に帰るお客さんが多いようで、日本人は私達2人だけでした。     2. チャイナエアライン(那覇→高雄)   時間通りに無事離陸できました。着いてからの交通もちょっと心配だったので、安心。 軽食ですが、機内食付き。3泊4日、LCCでもないのにホテルが付いて二人で7万円弱。エクスペディアさん頑張りすぎじゃないですか…。 これが軽食の内容です。ちっさい手提げに入った軽食セットをサクサク配るので、CAさんたちが席に回ってくるのも早い。 ローストチキンとチーズのホットサンド的なパンと、お水とクッキーのセットです。 あったかい状態で配られるので、チーズがトロッととけて美味しかったです。 そしてこのクッキーが懐かしい味がして美味しくてたまげました。なんだかショボそう…って見た目で判断して反省しました。これをバラマキ土産にすると決めた瞬間。 (しかし同じブランドのものを買い損ね、類似品を購入する。)   到着は現地時間の22時過ぎでしたが、高雄空港は市街地へのアクセス抜群。地下鉄も余裕で動いている時間なので(しかもガラッガラ)、予約していた高雄駅周辺のホテルまですぐに移動できました。 高雄市の交通系ICカードである一卡通(いーかとん?)も、MRT高雄国際機場駅内の駅員さんから購入、チャージできました。駅員さんは英語も通じるしにこにこ親切で、さっそく台湾のあったかさを感じてほっこり。 ホテルにも無事チェックインでき、楽しい高雄・台南旅行が始まったのでした。     3. 高雄空港   3泊4日間しっかり高雄と台南を満喫し、沖縄へと帰ります。   復路は17時35分発と行きよりも少し早めなので、余裕を持って15時に高雄空港に到着しました。 こぢんまりした空港で桃園空港に比べるととんでもなく利用者が少ないので、手続きもスピーディだった気がします(曖昧)。出国手続き前は、なんだか焦っててあんまり記憶がありません。 なんかセルフチェックインのカウンターでもめていたんです。オンラインやキオスク端末で事前にチェックインしておくと、手荷物の預け入れが格段にスムーズなのでおすすめです!…とあちこちで書いたり人に言ったりしてるんですが、時には例外もあるみたい。 私たちの後ろの方に並んでいた人たちも、ちゃんと飛行機乗れたか心配です。 税関手続きは、機械で通されて秒で終わりました。楽ちんだけれど、パスポートにスタンプが残っていかないのはちょっとさみしいものですね。   … Continue reading チャイナエアラインで高雄へゆく: China airline and Kaosiung airport review

TOEIC 初受験の結果

先日、9月10日受験のTOEICの結果が返ってきました。 本記事では、結果と行った対策について簡単にまとめます。 (This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.) 2017年9月10日受験の結果は、 リスニング 450 リーディング 440 の、合計890点でした。 受験後の感触があまり良くなかったにしては、点数が酷くなかったので安心しました。 この点数なら、履歴書に書いても恥ずかしくないですよね?たぶん。   他の記事に書いている通り、今は第1子を妊娠中。来年の五月くらいに会える予定です! 主人の転勤のタイミングが来年度末までなので、赤ちゃんを預け、新しい土地で新しい仕事を探すときに選択肢が広がればいいな、、と思ったのが今回の受験のきっかけです。 TOEICの賞味期限みたいなのってだいたい2年ぐらいらしいので、それもちょうどいいくらいかも。   さて、以下では私の試験対策を簡単にまとめます。 テキストごとの感想や詳しい使い方などは、また改めて個別に記事を執筆いたしますね。   本記事ではいくつか参考になった書籍等を紹介をしておりますが、通信教育や大学で勉強されている方など「学生」の方で、Amazon studentに登録されていない方はこちらから登録できるので、購入の際にはぜひ登録されるといいと思います。 お急ぎ便の利用やアマゾンパントリーの利用のほか、書籍購入で通常より多くポイントが付くので、勉強されている方には是非おすすめしたいです。私も一年間の近畿大学通信学部司書コース在学でかなり得をしました!     受験3ヵ月以上前までにしていたこと   ブログやSNSをご覧くださっている方々はご存知と思われますが、教養を身につけたくTEDtalkの視聴を習慣づけていました。 英語字幕なしで視聴し、次に日本語字幕をつけて内容を確認し、最後に英語字幕で聞き落としたところがないかチェックをしていました。 ですが、長いtalkだと集中力も途絶えがちになるので、、 とにかく1本、日本語字幕で内容を掴むだけでもいいや♥とゆるいルールでほぼ毎日続けました。 いろんな国の方が英語で話されるので、訛りが気になる時もあると思いますが、訛ってても別にいいんだ。って自信がつきますよ。     受験まで3ヶ月を切って始めたこと 英単語 6月に入り、受験まで3ヶ月を切って始めたのは、単語の修得です。 世の中に英単語の本は沢山出ていますが、家にあるものとか、高校時代に使ったものとかは使わずに、ぜひ最新のTOEIC向けの英単語本を使ってください。 私が使ったのは、TOEIC TEST 特急シリーズの「TOEIC L & R … Continue reading TOEIC 初受験の結果

第一回マザークラス(母親学級)に参加しました。

12月6日、第一回目のマザークラスに参加してきました。 産院によって呼び方は異なると思いますが、いわゆる母親学級・両親学級的なもので、妊娠中の過ごし方について勉強するものです。 (This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.) 0. マザークラスの構成と受講の予約   私が通っている病院は、出産までに約3回マザークラスを受講することとなります。 第一回目、第二回目、第三回目と、各講座が開かれる日程は決められているので、早めに受付で出席したい回の講座が開かれる日程を確認し、予約することになります。 私は妊娠17週と5日で一回目のマザークラスを受講しました。 1. 準備して行ったもの   第一回目の妊婦健診を受講した際、母子手帳にカバーを付けて返してもらったのですが、その時に入院に関するしおりとマザークラス受講に関するしおりを挟んでもらっていました。 そのしおりによると、持ってくるものは以下のものとなっています。 ・母子手帳 ・筆記用具 使用するテキストは病院が用意してくださるとの記載がありました。   私は母子手帳と多色ボールペン、付箋メモを持って行きました。後述のとおり、母子手帳は最初に受付で提出するので、メモできるものを持って行くと安心です。 また、テキストのサイズが分からなかったので、すこし大きめの鞄を持って行きました。テキストはB5サイズ、もらった資料はA4サイズでした。 2. いざ受講!   14時開始だったので、あまり早くに着きすぎても仕方ないかと思い、10分前に病院へ到着しました。 いつもは閉まっているマザークラス用のお部屋のドアが開いていて、既におひとり着席されていました。人見知りなのでドキドキです。 受付で母子手帳を提出するとテキストを渡され、教室にすぐ入って待っていても良いし、トイレに行ってもいいですよ~との案内を受けました。 数日前より便秘と下痢が同時に起こっていて(汚い話で申し訳ありません)、トイレに行くとすぐに出て来られる自信がなかったので、すぐに教室に入りました。   教室の入り口には温かいお茶やハイチュウなどのお茶菓子と、おしぼりやティッシュなどがセルフサービスでとれるようになっていました。 飲み物は4種類あって、どれもカフェイン少な目、或はゼロっぽい、身体に優しそうなお茶でした。さすが産婦人科。 どれをいただこうか迷いましたが、常温のマンゴー風味のルイボスティーをいただきました!お腹の調子さえ良ければ、何杯でもお代わりしたくなるような美味しいお茶でした! お茶菓子は取りませんでしたが…その後ケーキが出てくるので食べなくて正解でした^^   この日の参加人数は私を含めて6名で、週数は15週から24週とばらつきがあるクラスでした。 14時にはほぼ全員が着席し、時間通りに講義が始まりました。 3. マザークラス講義の内容   全体で約二時間のプログラムのうち、前半は院長先生のお話、後半はDVDを観て助産師さんからのお話を聞くこととなります。 詳しい内容は割愛いたしますが、概ね以下のようなものでした。 院長先生のおはなし:産科医療補償制度と妊娠中の異常について まず、産科医療補償制度というものがあり、それは一体どういう制度かというお話がありました。ごく簡単にまとめると、出産に起因する重度の脳性まひの子どもに対して、経済的な補償がなされる制度のことです。 先生のお話の中心は、制度そのものというよりも、この制度で保障される赤ちゃんが生まれてくる原因、すなわち、妊娠中のトラブルについてでした。 (原因のひとつに帝王切開の経験があるための子宮破裂というものがあるのですが、この言及が後で活きてきます。初産ならなおさら、なるべく帝王切開せずに済むような妊娠生活をおくること)。 誰がこの制度の対象になってもおかしくない、誰にでも起こりうることなので、しっかり理解するようにと念をおされました。 その後、妊娠中の異常についてのお話がありました。 どのような異常があったときに病院へ来るべきなのか、その目安まで教えてもらえて大変参考になりました。 … Continue reading 第一回マザークラス(母親学級)に参加しました。

妊婦健診(2回目)に行ってきたよ。

去る11月13日に、二回目の妊婦健康検査、妊婦健診に行ってきました。 『思考の整理学』で有名な外山滋比古先生の子育て本『子育てのヒント』。おすすめ。 母子手帳をもらい、二回目の妊婦健診は何をするの?時間はどのくらいかかる?費用は? これから受診される方の参考になれば幸いです。 (This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.) 0. 前日の準備   妊婦健診で使う補助券には最初に全て記入を終わらせていたので、今回は特に何も準備することはありませんでした。 体重管理に厳しい先生なので、体重の増加だけが当初心配でしたが、つわりがひどかったので全く増えず(初診時より-1.5キロ)だったので、安心して病院に行けました。     1. 病院に行った時間と待ち時間   前回は午前中に行ってかなり待ったので、午後に病院へ行きました。 14時より診察が始まるので、13時半過ぎくらいに病院に着き、尿を提出して順番を待ちます。 今回は、午後の診察が始まって2番目に名前を呼ばれ、すぐに診察に入れました。 やはり時間帯によって、待ち時間が変わるんですね。予約なしで受診できる産院なら、午後がおすすめかも?     2. 健診の内容   まず最初の診察室で体重や血圧の測定、問診を行いました。 前回の血液検査などの結果は二番目の診察室での診察で、院長先生から聞く模様。 妊娠4ヶ月での健診でしたが、体重が前回より300g増えたのみだったため、 あんまり体重が増えてないね、、、とは言われました。 だって怒られるの怖いんだもん>< 妊娠20週目までに一回目のマザークラスへ出席するように案内を受けたので、帰りに受付で予約することにしました。   二番目の診察室に移り、心音とエコーで赤ちゃんに会いました。 前回と同じような場所から赤ちゃんの心臓の音が聞こえ(まだまだ速い!)、正常とのこと。 また、エコーで姿を確認すると、頭からお尻まで8.5センチに成長していました! 足をしっかり組んでいて、まだ性別は分かりませんでしたが、 手で目をこするみたいなしぐさをしていて、とっても萌えました。   いつものことながら、院長先生はエコーを押し当てるのが強いです。他の産院に行ったことがないので比較できませんが、こんなに押し当てて赤ちゃん大丈夫かな…?って心配になるくらい。 前回の血液検査やがん、エイズの検査の結果はどれも異常なしとのことで安心でした。 ただ、風しんの抗体が弱めでした…。妊娠中にかかると赤ちゃんに重篤な障害が残るみたいなので、しっかり気をつけようと思います。 たしかコウノドリの4巻に風疹のエピソードがあったはず。 ほぼ日刊イトイ新聞でも特集が組まれていましたね。 『コウノドリ先生の風疹講座』   あがりえクリニックでインフルエンザの予防接種を受ける際、主人には一緒に麻しん風しんのワクチンを受けてもらいました。痛いのにありがとう!   … Continue reading 妊婦健診(2回目)に行ってきたよ。