第一回マザークラス(母親学級)に参加しました。

12月6日、第一回目のマザークラスに参加してきました。 産院によって呼び方は異なると思いますが、いわゆる母親学級・両親学級的なもので、妊娠中の過ごし方について勉強するものです。 (This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.) 0. マザークラスの構成と受講の予約   私が通っている病院は、出産までに約3回マザークラスを受講することとなります。 第一回目、第二回目、第三回目と、各講座が開かれる日程は決められているので、早めに受付で出席したい回の講座が開かれる日程を確認し、予約することになります。 私は妊娠17週と5日で一回目のマザークラスを受講しました。 1. 準備して行ったもの   第一回目の妊婦健診を受講した際、母子手帳にカバーを付けて返してもらったのですが、その時に入院に関するしおりとマザークラス受講に関するしおりを挟んでもらっていました。 そのしおりによると、持ってくるものは以下のものとなっています。 ・母子手帳 ・筆記用具 使用するテキストは病院が用意してくださるとの記載がありました。   私は母子手帳と多色ボールペン、付箋メモを持って行きました。後述のとおり、母子手帳は最初に受付で提出するので、メモできるものを持って行くと安心です。 また、テキストのサイズが分からなかったので、すこし大きめの鞄を持って行きました。テキストはB5サイズ、もらった資料はA4サイズでした。 2. いざ受講!   14時開始だったので、あまり早くに着きすぎても仕方ないかと思い、10分前に病院へ到着しました。 いつもは閉まっているマザークラス用のお部屋のドアが開いていて、既におひとり着席されていました。人見知りなのでドキドキです。 受付で母子手帳を提出するとテキストを渡され、教室にすぐ入って待っていても良いし、トイレに行ってもいいですよ~との案内を受けました。 数日前より便秘と下痢が同時に起こっていて(汚い話で申し訳ありません)、トイレに行くとすぐに出て来られる自信がなかったので、すぐに教室に入りました。   教室の入り口には温かいお茶やハイチュウなどのお茶菓子と、おしぼりやティッシュなどがセルフサービスでとれるようになっていました。 飲み物は4種類あって、どれもカフェイン少な目、或はゼロっぽい、身体に優しそうなお茶でした。さすが産婦人科。 どれをいただこうか迷いましたが、常温のマンゴー風味のルイボスティーをいただきました!お腹の調子さえ良ければ、何杯でもお代わりしたくなるような美味しいお茶でした! お茶菓子は取りませんでしたが…その後ケーキが出てくるので食べなくて正解でした^^   この日の参加人数は私を含めて6名で、週数は15週から24週とばらつきがあるクラスでした。 14時にはほぼ全員が着席し、時間通りに講義が始まりました。 3. マザークラス講義の内容   全体で約二時間のプログラムのうち、前半は院長先生のお話、後半はDVDを観て助産師さんからのお話を聞くこととなります。 詳しい内容は割愛いたしますが、概ね以下のようなものでした。 院長先生のおはなし:産科医療補償制度と妊娠中の異常について まず、産科医療補償制度というものがあり、それは一体どういう制度かというお話がありました。ごく簡単にまとめると、出産に起因する重度の脳性まひの子どもに対して、経済的な補償がなされる制度のことです。 先生のお話の中心は、制度そのものというよりも、この制度で保障される赤ちゃんが生まれてくる原因、すなわち、妊娠中のトラブルについてでした。 (原因のひとつに帝王切開の経験があるための子宮破裂というものがあるのですが、この言及が後で活きてきます。初産ならなおさら、なるべく帝王切開せずに済むような妊娠生活をおくること)。 誰がこの制度の対象になってもおかしくない、誰にでも起こりうることなので、しっかり理解するようにと念をおされました。 その後、妊娠中の異常についてのお話がありました。 どのような異常があったときに病院へ来るべきなのか、その目安まで教えてもらえて大変参考になりました。 … Continue reading 第一回マザークラス(母親学級)に参加しました。