妊婦健診(6回目)に行ってきたよ

2月13日は6回目の妊婦健診でした。

27週と4日で妊娠7ヶ月も、ほぼ終わり。すっかり妊婦らしい身体つきになってきました

(This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.)

前日までの準備

今回は血液検査もなかったのですが、前回の健診時に尿検査で尿蛋白が出てしまったこともあり、水分をたくさん摂るように心掛けました。

便秘解消も兼ねて、コントレックスとサンペレグリノをAmazonさまで箱買い。

買い物に行くのも難儀するようになってきたので、とても助かってます。

硬水を飲むと、お通じ問題が改善されます。

整腸剤に頼る前に、やっぱり食事内容や水分、運動、睡眠などで調整していきたいものです。

※以下の画像からAmazonの詳細ページへ飛べます。購入の際には他の方の口コミも参考にされてくださいね^^

病院に行った時間と待ち時間

前回の健診で午前中に来てもさほど待たなかったので、今日も午前の診察が始まる前に病院へ行きました。

休み明けですが、やっぱり待っている人も少なくて、診察が始まって15分ほどで名前を呼ばれました。あんまり本を読む時間もなかったくらい。

健診の内容とかかったお金

今回も体重血圧測定の後、問診をしてもらいました。

体重は前回より+0.2キロ。2週間でこれだけなら上等だね~!とほめてもらえたので気持ちも上向きになります(単純)。

しかし今回も、尿検査で引っかかってしまいました。前回同様に尿蛋白が±。

沢山水分を摂ること、しっかり休むことなどに加えて、塩分摂取についても指導されました。

沖縄では旬なのか、リーフレタスが美味しくて毎食ピエトロのドレッシングと一緒にもりもり食べてました。美味しくても、かけすぎには注意ですね。

院長先生の診察では、心音とお腹の上からのエコーで赤ちゃんを診てもらいました。

逆子は治ったかな~?と、今日も先生はなんだかご機嫌。もう7ヶ月だし、しばらく通ったから先生との人間関係も出来てきたのかなーなんて期待してしまいます。

最初はとっても怖かったですが、厳しいのは安全なお産のためなんだ~ってわかってから一気に先生のこと好きになりました。

お腹の張りや出血・破水はなかったかを聞かれて、その後エコーで診てもらったところ、頭の大きさは7センチ、大たい骨の長さは4.8センチでした。

そして、やっぱり逆子でした。あーあ。

逆さまが好きな女の子なんだなあ。

今回から、頭が下になるような体操の指導が入ることになりました。

ネットで検索すると、逆子体操を始めるのは30週くらいからみたいですが、赤ちゃんが回りやすい早めの時期に対処していた方がいいそう。先生の言うことを信頼して聞くことにします。

腰を高く上げるタイプの写真が載った体操の紙をもらいました。

先生の手描きイラスト入り。

エコーで診たときに背骨の位置が右側にあったので、腰を高く上げたポーズの後は左側を下にして横になるように言われました。

右側を下にして寝るのが気持ちよくてずっと右下にしてたけど、本当は左のほうが良かったのかな…。

そして、頭が下に向いたかのチェックは1週間ごとにするそうで、次の健診は1週間後になりました。

今回の健診も助成があったので無料でした♡

ですが次週の逆子のチェックの時には、いくらかお金を準備して行った方がいいのかもしれませんね。助成があるのは14回分だし。

さきほど、さっそく逆子体操をやってみたのですが、10分キープは意外とつらい体勢かも。

これで戻ればいいやーぐらいの気持ちで、気楽に続けます。

【追記】
先日Amazonのほしい物リストを作ってみました。
本当にほしいものを厳選していくと、娘に買いたいものばかりになってしまいますね。

多少役に立ったし、お菓子やおもちゃのひとつでも買ってやるか、と応援してくださる方はこちらから。
大変嬉しく運営の励みになります( ˆОˆ )

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください