東京西部在住ママにおすすめ!0歳からのプラネタリウムに行ってきたよ。

去る5月22日、多摩六都科学館で赤ちゃんから楽しめるプラネタリウムを見てきました。

これが第1回だったようなのですが、娘も私もすごーーーく楽しめました!

第2回は7月に開催のよう。

参考までに、当日のレポートと感想をお伝えします。


多摩六都科学館までの道のり

花小金井駅より歩いて行ったのですが、交通量の多いわりには歩道が狭く、赤ちゃん連れには厳しそうです。

また、日陰もないので、これからの季節は熱中症が心配かも。

私は娘をエルゴに入れて歩いていったのですが、科学館につく頃には娘はかなり汗ばんでいました。

近くまでバスに乗れるようなので、次回は時間を調べて利用するつもりです。

科学館に着いたら

さて、10時過ぎに科学館についていざ入館しようとしたところ、、、赤ちゃん連れ多っ!!

入口には入場待ちの赤ちゃんとご家族の列。

プラネタリウムは満席になると観覧出来ないようなので、ドキドキしながら娘と待ちました。

人見知りなので、ママ友グループの存在にもドキドキしました。

シ━━━ッd(ºεº;)

この日はちょうど東村山ウィークというものが開催されていて、東村山市に在住の方は入館料が無料になるみたいでした。いいねぇ。

並びましたが無事プラネタリウムのチケットも購入でき、入場しました。

0歳からのプラネタリウムを見に行く際、以外2点の理由のために時間にゆとりを持って科学館に行かれることをおすすめします。

ひとつは上記の通りお客さんが多い点。プラネタリウムのチケットを購入できないと、観覧できません。さらに、席は全席自由なので、希望の席があれば早めに並ばなければなりません。

もうひとつは、事前にトイレやおむつ替えが必要な点です。観覧中はトイレ等の理由で途中退場は難しいようです。赤ちゃん向けなので、赤ちゃんが怖がって泣きすぎているなどの理由であれば、スタッフの方が案内して休憩させてくれます。また、オムツを替えられる場所が少ないので、その点も注意です。私の前にオムツを替えていたお子さんは、うんちが漏れてしまっていたようで、、お母さん大慌てでした(><)

子連れのお出かけにおいては、時間に余裕を持って動くのは基本になってしまうと思いますが、、、今回は特にその要求は強いです。慌てないですむように!

いざ観覧

階段を上り、プラネタリウムの階に着きました。

既に開場されていたので、並ばずに入れましたが、上の方の席はほとんど埋まっていました。

娘と出入口近くの席に着き、始まるのを待ちます。

んしょ。

多摩六都科学館のプラネタリウムは世界一に認定されたものだそうです。

久しぶりにプラネタリウムを見たのもあって、本当に本当に感動しました( ^^ )

さらに前編生解説で、お姉さんが分かりやすく星のお話をしてくれます。

そして時々、赤ちゃんの休憩のタイミング出しもしてくださってました。

内容も然る事ながら、赤ちゃん向けを意識された進行で、0歳の赤ちゃんにも是非おすすめしたいお出かけ先でした。

1歳になっても、まだまだ緊張する娘とのお出かけ。

多摩六都科学館はまた2人でも行きやすいな、行きたいな、と思える場所でした。

子連れでのお出かけ先として考えた時に、留意したい点として挙げるとすれば、おむつ替えシートの少なさと、トイレ内のベビーキープの少なさでしょうか。

特に、ベビーキープ問題はエルゴひとつで挑んだ私には大きな壁でした笑

家族で来ていれば子を預けて用を足せますが、、娘と2人なのでトイレを探してさ迷いました(><)

また、臨時の授乳室は設けられていたようなので、次回はぜひおむつ替えスペースも考慮に入れられると良いな……と願っています。おむつ替えシートがあるトイレが少ないように感じました。

お出かけ先のアクティビティ自体が楽しいとか、親の気分転換になるとか、子どもとのお出かけがもたらすものってたくさんあると思います。

私にとってお出かけが価値あるものに思えるのは、娘にいろんな人が関わってくれるから。

出かけ先やその道中で、老若男女いろんな人が、可愛いねって話しかけてくれたり微笑んでくれたり。

社会にはいろんな人がいるものですが、それを漠然と怖がることなく、素直に愛情を受けてほしいです。

いろんな形の愛情を受けたぶんだけ、周りを大切にする人になれると思うから。

小さな赤ちゃんを連れて一緒に楽しめる場所、どんどん増えていくといいな~って思います。

多摩六都科学館の皆様、お世話になりました。

お出かけの参考になれば幸いです(^ω^)

広告

コメントを残す