【福岡】お櫛田さんに参って川端ぜんざい食べて【帰りてえ】

2018年冒頭、長女出産前最後の帰省で福岡市に滞在しました。

私の出身は北九州市なのですが、学生時代の5年間を福岡市内で過ごしていたので、本当に身体に馴染んで思い出が沢山ある場所です。

実家に顔を出す前の日、中洲周辺を散策しました。

Advertisements

お参りするんならやっぱり櫛田神社やろ

というわけで(雑)、

寒さに震えながら櫛田神社に参拝しました。

前年?前々年?は節分祭のタイミングで参拝し、中村獅童さんを拝みました。

人が多すぎて豆みたいな獅童さんでしたがね(⌒-⌒)節分だけに。

ははは(⌒-⌒)

おみくじ大吉らしい

えらい満面の笑みでした(⌒-⌒)

大吉なので迷わず持ち帰り
Advertisements

川端商店街の「川端ぜんざい」でひと休み

お参りをした後、移動で疲れたので休憩する場所を探します。妊婦だしね。無理よくない。

キャナルのカフェもいいな〜と思いましたが、久しぶりに商店街を歩きたくて地下鉄方面に歩きました。

帽子屋さん 懐い〜

そして見つけました。

おっ 開いてんじゃん〜(⌒-⌒)

川端ぜんざい広場でぜんざいをいただくことにしました。

地元のお母さんたち せっせと作りよんしゃー

この日は時間もちょうど良かったのか、山笠の目の前の席が空いていました。

ラッキー(⌒-⌒)

大迫力

食券で注文して、いざ実食です(⌒-⌒)

ほかほか〜
んめ〜〜

甘くて温かくて、冬の日に丁度いいおやつでした。

1杯500円なんですが、ちいさめどんぶりにたっぷり入ってます。

1人で食べたらお腹いっぱいになりそう。

とても甘いしね(⌒-⌒)

毎日食べたいとは思わないかな(⌒-⌒)(正直)

けど味覚ってローカルなものなので、地元の人にとっては、この甘さがたまんねぇよな〜ってなるんでしょうね。村上さん的に分析すると。

北九州市民が、あー、堅パンのこの硬さがたまんねぇよな〜ってなるみたいに。

違うか(⌒-⌒)

持ち帰り用もあった。
Advertisements

私は確かに、この街の一部だったのだ。

親のもとを(少しだけ)離れて、1人で暮らし、勉強して、働いて、買い物をして、本を読み、映画を観て、お洒落を覚え、コーヒーを飲んで、恋をして、毎日が本当に楽しかった。

10代の終わりから20代の半分を、この街で過ごせてよかったなと思います。

好きな街です。本当にね。

Advertisements

で(雑)、現在第n回目の村上春樹ブームなんですが、読んでるのはこちら。

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)

村上さんの紀行文読むと、旅したくなるし、旅しなくても日常生活が旅のように思える。

世界を表現する言葉の層が分厚くて、こんな才能がある人が同時代にいることが、本当に嬉しい。

おすすめっす(⌒-⌒)

コメントを残す

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.