【追悼】たくさんの花を降らせて【竹内結子さん】【三浦春馬くん】【大切なひとたちへ】

9月は、私の大切な家族が亡くなった月です。

毎年この季節には、ラブアンドピースの気持ちを新たに、しんみりしつつ、深く深く自省をしております。

今年は一層、その思いを強くしています。

やっと開封
Advertisements

先日、とっても素敵なtweetを見つけたのでシェアします。

今頃、三浦春馬くんも竹内結子さんも、たくさんの花に埋もれてるはずですね。

私のおばも、花に囲まれているといいな。

この10年間は1日たりとも思い出さない日はなかった。

ただ、なぜ…どうして…と悲しい気持ちで思い出す日よりも、あそこへ一緒に行った、こんなことを語っていた、いい匂いがして、笑顔が優しくて…というあったかい気持ちで思い出す日がだんだんと増えていった。

19歳の私は、母親のような愛をくれた人が亡くなって、悲しくて寂しくてどうしたものかといった感じで生きていた。

もう心から笑えるようなことって、これからないと思った。

もうこんな世界で生きていけないって毎晩思っていた。

何をしても彼女を思い出し、もう会えないことがとにかく寂しくてずっと泣いていた。

あれから10年。

私はまだ生きているし、気づいたら笑っているような日常がここにある。

その程度には、私は頑丈だったみたいです。

この文章を読んでいるあなたが、いま、どんな気持ちで何を思っているかはわからないけど。

もし、今はもうこの世界にいない人を思っていて、悲しくて寂しくて仕方がないなら。

村上春樹さん直伝の、バーチャルハグを特別に送ります。hug.

私たち、タフにならざるを得ない生きものです。

私の恩師の言葉を借りると、

私たちはみんな、既に待っている人たちのいるこの世界に迎え入れられ、多くの誰かを見送り、そしていずれは、この世界から去っていくしかないのです。

全ての出会いには、最初から別れがプログラムされている。

だからこそ、共に在る今が尊いし、愛しい。

出来ることなら、失う前に、共に同じ世界に在る意味を解りたかった。

三浦春馬くん、竹内結子さん、素晴らしいお芝居をありがとうございました。

これからもずっと、沢山の花を降らさせてください。

何度も聴いてしまう

まだカネ恋もせかほしも太陽の子も、録画を再生できていません。

でもいつかは、きっと大丈夫になる。

悲しい気持ちよりも、ありがとうの気持ちが大きくなる。

タフになろう。

人を愛そう。

コメントを残す

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.