5701 生涯学習概論 科目終末試験問題集 問題文【平成29年3月迄】

使用期間平成27年4月~平成29年3月迄の科目終末試験問題集の問題です。 どのような設題に対してどのような解答を作ったのか、 ご自身の問題集の出題と照らし合わせて解答案を参照され、 新しい問題集での解答作りにお役立てください。 生涯学習概論の解答案はこちらから。 1. 現在の激しい社会の変化は。人類や地球的規模で展開しており、まさに深刻な事態を招きつつあるといわれています。ポール・ラングランは、このような社会の変化を、人間社会に対する自然からの「挑戦」だといっております。 彼は、このような社会の変化に対応する方法を考えました。それはどんな方法なのか説明してください。 2. ラングランは「生涯学習の目標」を、どのように設定しましたか。 3. 社会教育の事業を指導する指導者の存在は、重要なものと云われています。この指導者について説明してください。 4. 生涯学習センターと他の公的生涯学習施設との関係について、説明してください。 5. 生涯学習を具体的に行うには、どのような方法がありますか。その方法を述べて説明してください。 6. 生涯学習と社会教育、学校教育、家庭教育との関係について、述べてください。 7. 学習情報には、百科全書的情報と案内情報とがあります。これらの情報についてそれぞれ説明してください。 また、これらの情報を提供する場合、注意しなければならない問題点があれば、その点についても説明してください。 8. 生涯学習相談員の相談方法の種類と内容について、説明してください。 9. 学習相談員の存在は、生涯学習に必要不可欠なものといわれています。その理由について説明してください。 10. 我が国の生涯学習施策の仕組みについて、簡単に述べてください。 11. 図書館(図書館の種類は、問いません)は、生涯学習社会の中枢機関であるといわれています。その理由を述べてください。 12. 生涯学習情報の種類と内容について、述べてください。 13. OECD(経済協力開発機構)によって提唱された「リカレント教育」とは、どのような教育ですか。またどうしてリカレント教育が、説かれたのですか。説明してください。 14. ポール・ラングランが説く「生涯学習を必要とする理由」について、説明してください。 15. ポール・ラングランは、生涯学習が必要な理由として、現代社会の激しい変動の克服をあげております。そしてそれについて具体的な項目をあげております。その項目について箇条書きで述べてください。 16. 生涯学習成果の評価方法について述べてください。 17. 1981年6月に中央教育審議会が「生涯学習について」を答申しました。 この答申で、最も注目されたのは「生涯教育」と「生涯学習」とを明確に区別して、定義したことです。このことについて説明してください。 18. 生涯学習の場としての「公的生涯学習施設」の種類とその役割について簡単に説明してください。 19. 我が国の生涯学習施策は、各種の審議会答申のなかで発表されたものをまとめて4つの方針に基づいて施行されております。これを「4本の柱」といっておりますが、この4本の柱について、具体的な説明をしてください。 20. 臨時教育審議会の第二次答申で云う「生涯学習体系への移行」の必要性として、どのような事項が主に提言されましたか。箇条書きで述べてください。