【D-MER】不快性射乳反射の対処法【って言うらしいよ】

こちらの記事をご覧になっているのは、授乳時の不快感に困っている方だと思います。 同士よ…( ;__;) 長女を混合栄養で育て、現在は次女も混合栄養(母乳寄り)で育児中の筆者。 液体ミルクが便利。良い時代。 不快性射乳反射ともかれこれ長い付き合いの、私がやっている対処法を紹介いたします。 症状の程度には個人差がありますが、参考になれば幸いです…( ;__;) 不快性射乳反射(D-MER)って? 不快性射乳反射とは…授乳時に襲いかかる、嫌〜な、イヤアアアアな感じのことです(語彙力)。 沖縄で人気の産婦人科、ゆいクリニックの院長先生がコラムを執筆されていたので紹介しますね。 授乳中に起こる不快な症状の事をD-MER;Dysphoric milk ejection reflex(不快性射乳反射)と言います。 原因は☆ホルモンによる反射的なものと考えられています。 母乳分泌にはいくつかのホルモンが関係しています、赤ちゃんがおっぱいを吸うとその刺激によって母乳を作るホルモンであるプロラクチンの血中濃度が上昇します。その際一時的に脳内のドーパミン濃度が下がり、その後安定します。 ドーパミンはポジティブな気分に関係していて、一時的な低下によって不快な気分になったりすると言われています。自分の意志と関係なくその症状があらわれます。授乳時に不快な気分が怒るのは、母親に向いていないから、ネガティブな性格だから、などとは全く関係ありません。また、お母さん自身に、過去に授乳に関連して心理的なトラウマになるような経験があったかどうかとも関係ないと言われています。 また、射乳反射の際のかわった反応とも考えられています。射乳反射の際にはオキシトシンと言うホルモンが脳から出ます。オキシトシンは愛のホルモンともいわれ、幸せに感じたり、赤ちゃんをかわいいと感じるホルモンですが,この時ごく少数ですが逆に不快感を感じる人がいるのです。これは反応なので産後うつでもありません。安心してください。授乳時の不快症状(D-MER)について ふむふむ(⌒-⌒)ホルモンの影響なんすね。 ままならねえ産後。 つまりそういうことです(え?) 私が講じた「嫌な感じ」対策 上記の通りホルモンの影響を受けて嫌な感じがして気分が悪くなる不快性射乳反射。 授乳を開始するとなんとも言えない胸のざわつきがあり、夕方のような寂しい気持ち、取り残されるような気持ち、不安感が押し寄せて、それはそれはつらい時間でした。 私が講じた対策は次のものです。スマホをご準備ください。     M-1グランプリを観て気をそらす この反射が起こっているときに、Twitterで産後の辛いエピソードを見たり、家族や友達なんかとやりとりしたり、育児情報のサイトを見ることでさえ、余計にしんどくなっていた私。   授乳時、搾乳時はスマホでM-1を観てやりすごしました。   幸い?私の不快感は授乳・搾乳を開始した最初の5分ほどでかなり治まる程度だったので、とにかく最初の5分を爆笑して乗り切りました。 https://youtu.be/bhPyo68bCCk 公式チャンネルとかあったんや   サブスクリプションがある時代。良い時代やん、令和。   M-1は①四分間の②とっておきのネタが観られるので私の反射パターンにぴったりでした。 本当にどの回のどのコンビのネタを観ても、すぐ笑える♪すごく笑える♪(どこかで聞いたことある?) おススメは第一回の中川家と、笑い飯。 いやほんと…笑い飯めちゃくちゃ面白いじゃん…照…   授乳中は赤ちゃんを見て!目を合わせて!ってよく聞きますが、無理しないでいいと思います、正直。特に不快性射乳反射がひどい場合には! 不快感の波を一旦乗り切ってから、赤子を見るようにしてました。       だんだん不快感がマシになってきた 上記のように不快感からお笑いに逃げること早二ヶ月。 なんとなく授乳開始時の不快感が気にならない程度になってきました…! 個人差はあると思いますが、不快感はあるけれど母乳で育てたいママは、いろんなもので気を逸らしながら頑張ってみてもいいのかも。   再びゆいクリニックの先生のコラムからの引用です。 … Continue reading 【D-MER】不快性射乳反射の対処法【って言うらしいよ】

【個人病院】入院中のごはん【2018】【美味しかったよん】

個人病院に分娩入院中のご飯ってどんな感じ? 2018年に沖縄の個人病院で出産した際、以下のような美味しいご飯をいただきました!手出しは確か2000円ほど。 出産にかかる費用は地域ごとに違うので一概にこう!とは言えませんが、参考になれば幸いです♡ 朝ごはん 産後2日目から夜間は基本母子同室なので眠れません。(笑) ガッツリ世話した夜勤明け、ご飯が本当に美味しかったです。飽きないようにか、和洋交互でした(^q^) 昼ごはん 朝ごはんを食べて少し寝て、授乳に行って、少し休んだところで昼ごはん。 お昼もしっかり食べて英気を養います。 おやつ おやつもありました♡ 毎日ケーキが食べられて幸せ… だいたいおやつの時間に授乳や来客()、講座などが入っていて、しばしば冷蔵庫に入れてありました。気遣い嬉しい。 夜ごはん 夜ごはんはしっかりお米が出てきました。 やっぱりお米が母乳の出に資するのでしょうか…私は最期までがっつりミルク足してましたが… 3食ともすごいボリュームでしたが、産後の疲れを癒そうとしてるのか、いくらでも食べられました(笑) 以上は2018年に名護のたまき産婦人科に入院した際、頂いた食事でした。 今は美ら海ハシイ産婦人科に名前が変わっているみたいですが、変わらず若々しい玉城修先生の写真も載っていました^^* 出産を控えてドキドキのママさんたち。 お産を乗り越えたら美味しいご飯が待ってますよ♪ マタニティ、赤ちゃんグッズを揃えるならAmazonベビーレジストリが便利でおすすめです(^q^)

【報告】次女ちゃんが生まれたよ【計画分娩】【誘発分娩】

先日、元気いっぱいの次女を出産いたしました。 キャワイイ〜 長女と同じく自然分娩の予定でしたが、後述の事情により計画分娩を行いました。(無痛分娩ではありません) 以下は計画分娩、陣痛促進剤を用いた誘発分娩レポートです。 これからお産を控える方など、参考になれば幸いです。 計画分娩が決まったきっかけ 自然分娩の予定が… 今回も順調に妊娠の経過を辿り(もちろん体重は毎回注意されつつ)、コロナが落ち着いて面会制限無くならんかな〜なんて呑気に考えていました。 無事産休に入り、早産しないかヒヤヒヤしながらもイヤイヤ真っ盛り2歳児の自宅保育を謳歌(白目)して、臨月も目前の35週の健診。 赤ちゃんが小さいこと、そして胎盤の機能の数値が良くないことを指摘されます。 妊娠中毒症ではなく、また、週数も35週で機能が落ちるには早すぎる。 長女は39週に2800グラムで産んでいて問題もなし。 胎盤の機能が弱いのは何故だか理由は分からないけれど、赤ちゃんは早めに外に出した方が良いと診断されました。 そして弱ってないか確認するために、2、3日おきに通院してNSTをする生活が始まります。   毎回NSTのモニターでチェック 臨月に入るとしばしば行われるNST。 私は補助券の使える妊婦健診に加えて、自費でNSTをしに通院しました。 毎回1000円ほど支払います。 NSTをつける度に胎動が激しくなる次女!毎回寝ていて起こされていた長女とは対照的でした。 診察で先生から言われることはいつも同じで、赤ちゃんはとっても元気だけれど、胎盤の機能の数値がどうしても良くない、早めに出してあげたいね、とのこと。 そんなに都合よくいくかい(⌒-⌒) とつっこみながら、今までのツケを返すかのように動きまくりました。   そんな通院を続けた37週のある日、赤ちゃんの心拍が微妙で弱っているかもしれないと聞き、2、3日おきだった通院も翌日にまた診てもらうことになりました。 幸い、翌日のモニターではいつも通り元気にしているようだったのですが、あまりのんびり待っていられない状態なので、38週1日(土曜日でした)までに陣痛が来なければ誘発分娩が決定いたしました。ヒェ〜! いざ!産院に入院 入院からお産までの流れ 5月30日朝、入院のため大荷物を持って病院へ向かいます。 外来で内診後、病棟へ上がり誘発剤での点滴が始まりました。 1日目は誘発剤が効くか、赤ちゃんが子宮の収縮に耐えられるかのテストだそうで、夕方には点滴終了しました。 翌日も朝から点滴、夕方に破水、その後1時間たらずで分娩終了。 2人目は早いと聞きましたが、こんなに早いとは。   出産レポート【原文ママ】 以下はバタバタと綴った出産レポートです。 文体にクセありですが、リアリティを感じていただければ(⌒-⌒)     5/30陣痛こなかったので入院内診で他の人と間違えられる…不安なる10時頃から点滴スタート 昼ごはん普通に食べる 味濃くてうまい入院着にカレーこぼして凹む(⌒-⌒)だんだん点滴の量増やして張り感じるまだまだ本読む余裕あり子宮口は2センチほど… 夕方の診察では子宮口3センチまだまだ今日は生まれんね〜て言われるちょうど点滴なくなってこの日は終了…点滴取ると張りはなくなる(⌒-⌒)   5/31ぐっすり寝て張りは完全になくなる(⌒-⌒)助産師さんが、先生の診察してから今日点滴するか決めようね〜って言う…赤ちゃん元気だから、無理には今日産ませないって感じだったよ〜って言われる…帰れる気になる(⌒-⌒)笑 朝の診察時 子宮口2センチはい、じゃ点滴しようねって…1日始まる…シャワー今のうちに浴びとく?て助産師さんに言われて入るこの時入っててよかったーまじで 1日目より少ない量の薬に反応して張り始める…間隔は2分から3分で数値60くらいの痛みご飯食べて診察するけど 全然進んでない1時間ほど ふて寝点滴の量85まで増えるこのあたりから痛みが強くなる 夕方の内診で子宮口4センチて言われるお産は夜中になるだろうね〜今の点滴終わったらおしまいね、と言われる人工的な痛みから一旦逃れられると信じる… 痛みの合間にLINEしたりTwitterしたり痛みが来たら呼吸呼吸呼吸呼吸呼吸って感じ夜勤で顔見知りの助産師さん来るベテランの勘?か、もう一度診察しようと言われる診察室の準備してもらってる間も痛みがめちゃ来る…2分間隔で40秒間くらいこの時 膣ら辺でポコン?ガコン?と音がするモニターも音拾うくらいの衝撃助産師さん戻ってきたけど、診察の前にしっこ行かせてもらう痛みの合間に急いで動く 小走りして引かれるトイレで産まんでね!笑 みたいな冗談(   … Continue reading 【報告】次女ちゃんが生まれたよ【計画分娩】【誘発分娩】

【人生は常に】近況報告だよ【準備不足で進行していく】

皆さまご無沙汰しております。ミワです。 半年間の東京(ほぼ埼玉)生活を終え、沖縄に戻って参りました。 くつろぎのムスメ 新居の片付けも一段落し、仕事も復帰し、そして、、、 先日、妊娠検査薬で陽性反応が出ました( °_° )!! 明日は急遽夫に休みを取ってもらい、病院へ行ってきます。名護から引っ越してしまい、初めて行く産婦人科なので緊張。 順調に進めば2人目も里帰りしない出産の予定ですが、どうなることやら( °_° ) つわりの足音も聞こえるし、、 人生は常に準備不足で進行していく、を実感しています。生のリアリティを感じますね。生きてるって感じがする。 ものを書くリハビリを兼ねて、仕事のこと、家族のこと、暮らしのこと、少しずつ記事にしていけたらと思います。

東京西部在住ママにおすすめ!0歳からのプラネタリウムに行ってきたよ。

去る5月22日、多摩六都科学館で赤ちゃんから楽しめるプラネタリウムを見てきました。 これが第1回だったようなのですが、娘も私もすごーーーく楽しめました! 第2回は7月に開催のよう。 参考までに、当日のレポートと感想をお伝えします。 多摩六都科学館までの道のり 花小金井駅より歩いて行ったのですが、交通量の多いわりには歩道が狭く、赤ちゃん連れには厳しそうです。 また、日陰もないので、これからの季節は熱中症が心配かも。 私は娘をエルゴに入れて歩いていったのですが、科学館につく頃には娘はかなり汗ばんでいました。 近くまでバスに乗れるようなので、次回は時間を調べて利用するつもりです。 科学館に着いたら さて、10時過ぎに科学館についていざ入館しようとしたところ、、、赤ちゃん連れ多っ!! 入口には入場待ちの赤ちゃんとご家族の列。 プラネタリウムは満席になると観覧出来ないようなので、ドキドキしながら娘と待ちました。 人見知りなので、ママ友グループの存在にもドキドキしました。 シ━━━ッd(ºεº;) この日はちょうど東村山ウィークというものが開催されていて、東村山市に在住の方は入館料が無料になるみたいでした。いいねぇ。 並びましたが無事プラネタリウムのチケットも購入でき、入場しました。 0歳からのプラネタリウムを見に行く際、以外2点の理由のために時間にゆとりを持って科学館に行かれることをおすすめします。 ひとつは上記の通りお客さんが多い点。プラネタリウムのチケットを購入できないと、観覧できません。さらに、席は全席自由なので、希望の席があれば早めに並ばなければなりません。 もうひとつは、事前にトイレやおむつ替えが必要な点です。観覧中はトイレ等の理由で途中退場は難しいようです。赤ちゃん向けなので、赤ちゃんが怖がって泣きすぎているなどの理由であれば、スタッフの方が案内して休憩させてくれます。また、オムツを替えられる場所が少ないので、その点も注意です。私の前にオムツを替えていたお子さんは、うんちが漏れてしまっていたようで、、お母さん大慌てでした(><) 子連れのお出かけにおいては、時間に余裕を持って動くのは基本になってしまうと思いますが、、、今回は特にその要求は強いです。慌てないですむように! いざ観覧 階段を上り、プラネタリウムの階に着きました。 既に開場されていたので、並ばずに入れましたが、上の方の席はほとんど埋まっていました。 娘と出入口近くの席に着き、始まるのを待ちます。 んしょ。 多摩六都科学館のプラネタリウムは世界一に認定されたものだそうです。 久しぶりにプラネタリウムを見たのもあって、本当に本当に感動しました( ^^ ) さらに前編生解説で、お姉さんが分かりやすく星のお話をしてくれます。 そして時々、赤ちゃんの休憩のタイミング出しもしてくださってました。 内容も然る事ながら、赤ちゃん向けを意識された進行で、0歳の赤ちゃんにも是非おすすめしたいお出かけ先でした。 1歳になっても、まだまだ緊張する娘とのお出かけ。 多摩六都科学館はまた2人でも行きやすいな、行きたいな、と思える場所でした。 子連れでのお出かけ先として考えた時に、留意したい点として挙げるとすれば、おむつ替えシートの少なさと、トイレ内のベビーキープの少なさでしょうか。 特に、ベビーキープ問題はエルゴひとつで挑んだ私には大きな壁でした笑 家族で来ていれば子を預けて用を足せますが、、娘と2人なのでトイレを探してさ迷いました(><) また、臨時の授乳室は設けられていたようなので、次回はぜひおむつ替えスペースも考慮に入れられると良いな……と願っています。おむつ替えシートがあるトイレが少ないように感じました。 お出かけ先のアクティビティ自体が楽しいとか、親の気分転換になるとか、子どもとのお出かけがもたらすものってたくさんあると思います。 私にとってお出かけが価値あるものに思えるのは、娘にいろんな人が関わってくれるから。 出かけ先やその道中で、老若男女いろんな人が、可愛いねって話しかけてくれたり微笑んでくれたり。 社会にはいろんな人がいるものですが、それを漠然と怖がることなく、素直に愛情を受けてほしいです。 いろんな形の愛情を受けたぶんだけ、周りを大切にする人になれると思うから。 小さな赤ちゃんを連れて一緒に楽しめる場所、どんどん増えていくといいな~って思います。 多摩六都科学館の皆様、お世話になりました。 お出かけの参考になれば幸いです(^ω^)