母子手帳をもらったよ

先日妊娠が分かり心臓も動いていたのが確認できたので、母子手帳をもらいに行きました。 沖縄県名護市の場合なので、きちんと自治体HPにまとめてある場合は、そちらをご参照くださいね。 (This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.) 1. いつ取りに行く? 妊娠したかも、、と思い産婦人科に行っても、すぐにおめでとうございます!とはなりません。 私の受診した、たまき産婦人科では、心臓の動きを確認し、出産予定日が決まって初めて、母子手帳をもらいに行くように言われます。 私の場合は二回目の受診で、妊娠7週と3日目のことでした。(最終月経からは10週だったけど) この次の診察は3週間後で、妊婦健診を行うので母子手帳(正確には、母子手帳と一緒にもらえる受診票)が必要とのことなので、病院から一旦家に帰ってすぐに役所に行きました。 忘れないうちにね。 書類に不備があったり、必要なものがなかったりして、何度も家と役所を往復するのは難儀なので、必要なものをGoogle先生にお尋ねしましたが、、、 市町村のHPには必要なものの記載はありませんでした。ガッカリ。 したがって、他の市町村の例を見ながら、以下のものを準備して行きました。 2. 持って行ったもの ・病院からもらった書類いろいろ 診察の際に、「これを持っていって、役所で母子手帳をもらってね」と言われた紙を持っていきます。病院によって異なるかもしれませんが、私の場合は出産予定日を書かれた紙でした。 ・身分証明書 車で役所に行くつもりだったので、運転免許証も持っていきました。住民票の住所が確認できるものがいいかもしれません。 ・印鑑 妊娠届出書など、いろいろと書くものが多そうなので一応持っていきました。印鑑押すところもありそうだし。 ・通知カード 自治体によっては妊娠届出書にマイナンバーを記入するところもあるようなので、念のため持っていきました。マイナンバーカードがあればそれでいいと思います。 ・大きい手提げぶくろ 母子手帳の他にも、手引書などいろいろ持って帰るものが多いようです。かばんが小さかったので、別に手提げ袋を持っていきました。 3. 母子手帳をもらった手順 市役所にはいろいろな窓口があると思います。 母子手帳をもらえる窓口は「健康増進課」というところです。 大きな自治体では市役所も広いと思うので、わからなければ総合窓口で尋ねるといいです。 ちょうどつわりも始まる頃なので、うろうろすると気持ち悪くなっちゃうかも。 健康増進課の窓口で、「母子手帳をもらいにきました」と伝えます。 優しそう且つベテランママって感じの担当の職員さんが出てきてくれて、以下の手順で手帳をもらいました。 ・色々と書類に記入する まず、書くものが沢山ありました。 出産予定日や住所など基本的な妊娠出産に関わる事項に加えて、 妊娠出産において頼れる人はいるか?飲酒喫煙の習慣はあるか?家族はどんなか? といった質問に答える内容の書類でした。ちょっと楽しかった! 押印する場所もあったので、認め印は携行必須です。 この書類を埋めている間に、職員の方が母子手帳やその他色々な冊子を準備してくれました。 ・書類を確認しながら軽く面談? 書類を埋め終わると、職員の方が書類の確認をしながら、適宜質問をされるのでそれに答えます。 私はナイチャー嫁(県外から嫁いできた人を指す)で、自分の親族が沖縄にいないため、主に妊娠出産に関して周りに頼れる人がいるかどうかの話が中心でした。 色々と親身になって話を聞いてくれたのにはびっくり。 ひとりひとりこんなに時間使って大丈夫なのかなーと心配になるくらいでした。 可能であれば、役所が空いている時間帯に行くのが良いかもしれないですね。 … Continue reading 母子手帳をもらったよ

Busan trip(Day-4: Busan→Okinawa) / 釜山金海空港でマッタリ

釜山の空の玄関。金海空港はどんどん進化中。 (This article is written in Japanese. Please look down , find translation button, and select your languages.) 三泊四日の釜山の旅も終わりに近づき、切ない気持ちで目覚め、ホテルを発ちました。お世話になった西面のエンジェルホテルさんには無料の朝食が付いていたのですが、二日とも朝が早くて頂けず。次の楽しみにとっておきましょうね!くぅ。   ホテルの目の前にはスタバ(準備中)。 シロヤのオムレットみたいなデザートで有名なお店(準備中)。 よく見かけるパン屋のカフェ(24時間営業)。 寒かったのでセーターとダウンを着込んで、ずんぐりむっくりになりながら、ハーシーのクーリッシュみたいなアイスを朝ごはんにしました(この後沙上駅にてぶちまける)。     西面駅から緑の線の地下鉄に乗り、沙上駅で軽電鉄に乗り換えて、40分足らずで空港に到着。チェックイン開始の時間まで余裕があったので、空港の中を見学しました。     出国ゲート通過前 出国手続きをする前のエリアには、カフェ、土産物屋、薬局、フードコートなどがあります。平日の朝で、人の多さもほどほど。コンパクトな国際空港なので、見て回りやすくて良いです! ソルビンは一番左端の人が少ないところにありました。お店の人も暇そう。   新世界百貨店と同じ系列のフードコートがあります。ロッテリアで軽食を済ませるのもいいかもしれません。   よく見かけるパン屋さんのカフェも。ここのパンは普通に美味しいので、朝早い便での朝食に買っていくのも良さそうです。エスプレッソもしっかりしてました。   おススメしたいのは、このキオスク端末でのチェックイン。カウンターに並ばなくていいし、手荷物を預ける列もセルフチェックインの乗客専用のところがあるので全く待ちません。オートメーション化が進んでて感動した~。 税関手続きまでするするーっと通過して、待合エリアでまったりします。   出国手続き後 手続きのあと、まずはロッテ免税店のオンライン免税店で購入した化粧品の受け取りに行きます(かったものはこちら)。受け取りのカウンターは、恐らく市内免税店の品物の受け取り場所と一緒。ダンキンドーナツの隣にあります。 番号札を取って、自分の番号が表示されるまで待ちます。 ポンデリングのそっくりさんが居ますね。   大量の化粧品を受け取り、あからさまにインバウンドなのだ☆という雰囲気で、新しくなった待合エリアの中を見学しました。 前回利用したのは2015年の12月。その時は工事中だった場所に、色んなお店が出来ていました!しかもまだまだ工事中。次に来るのが楽しみ。     日本にはもう店舗がないのかな?イタリア発のCAFFE PASCUCCI(カフェ パスクッチ)でフラペチーノ的なものを注文して、約1時間遅延の飛行機を待ち、日本へ帰りました。 エアプサン快適だー。やっぱりもう一回くらいは福岡に住みたい。そして息するみたいに釜山に行きたいな。台湾もそうなんだけど、本当に行くたびに元気をもらう場所。

Busan trip(Day-3.5: Busan) / 釜山のスーパーで自分用orバラマキ土産を探す

パケ買いしたくなるカワイイ&そっくりさんをスーパーで探す。 (This article is written in Japanese. Please look down , find translation button, and select your languages.)   どんなものをお土産に買おうか、旅行に行く前にはなんとなく考えますよね?そのような時、旅行ガイドの以下のような頁が役に立つのかもしれません。(写真は、私が持っている釜山のるるぶと地球の歩き方です。) 私はスーパーマーケットが好きなので、大抵旅行に行けばその土地のスーパーに行きます。もちろん、今回の釜山旅行でも行きました。写真をたっぷり撮ってきたので、お土産選びの参考にしてください。   南浦洞・ロッテマート ロッテデパートに隣接する、大型のマートです。フロアガイドはこちら。 3階にはフードコートもありました。 均一ショップとして有名なセリアのそっくりさん。 ポストイットで有名な3Mのコーナーもかなり広いです。 レジでは、即時還付制度を利用できます。簡単に言うと、その場で税金分を引いた金額でお買い物できるってことです。パスポートを忘れずに!   一時期に比べると下火ですが、このハニーアーモンドまだまだ推されてます。美味しいです。 コチュジャンもこんなにいっぱい。チューブに入ってるものが使いやすいし割れる心配もないのでおすすめです。 チョコパイさん。 マッコリはペットボトルに入って売ってます。 カプッチョ。 抹茶味のチョコパイ。韓国でも抹茶はフレーバーとしての市民権を得ていて嬉しく思いました。 糖質たっぷりのエネルギーバー。 要冷蔵ですが、キムチもいっぱい。買って帰るなら乾燥キムチをすすめます。飛行機の預けて荷物に入れた誰かのキムチが破れて飛び出て、手荷物受取レーンを切なげに回っていた光景が頭に焼き付いています。しかも複数。地獄絵図でした。 デリ系も充実してました。沖縄でもよく見かけるようなお茶菓子もたくさんありました。旧正月近かったから? とにかく広大!でも日本人だらけです。   西面・KIMS CULB ソミョンの旧ミリオレ跡にNC百貨店が入り、そこの一階にある高級志向?なスーパーマーケットです。規模はそれほど大きくありませんが、この近くにお宿をとっているのであれば、お土産購入はここでいいと思います。私もここで買い物しました! スーパーマーケットの中に、ちょっとしたご飯屋さんがありました。 手作りコーナーには、ホットクキットが売ってます。日本に帰っても思い出したいときに!   このちーかま的なおやつ、どこのスーパーでも売ってました。かわいいけど、結局ちーかま。 ここでもコチュジャンの種類は豊富です。 アスパラビスケット。 Dr.Youシリーズは、健康かどうかはさておき、満足感のあるお菓子で美味しいです。 赤ちゃん向けのフードも、パッケージが可愛すぎるのでお土産におすすめです。 食品だけじゃなくて、呂シャンプーもありました。 私はここでアカスリグローブを買いました。やっぱり本場のアカスリグローブは本気度が違う。痛さが全然違う。日本のアカスリタオルがガーゼに思えるくらい。 たっぷり!という割には少ししか写真を撮ってなかったみたいです。失礼いたしました。 写真にはありませんが、農協のハナロマートとかも韓国の田舎感たっぷりで楽しいですよ。すんごい長くて品質の良いゴム手袋とかが爆安で売られてます。韓国の水を扱うおばちゃんの手は、これで守られているのね。 … Continue reading Busan trip(Day-3.5: Busan) / 釜山のスーパーで自分用orバラマキ土産を探す

与論島でごはん : 福家

お腹も心も満たされる、ちょっとおしゃれな与論のレストラン。 ※ This article is written in Japanese. Please look down and select your languages.   先日の与論島での二泊三日の旅行の際に一番困ったのが、どこでご飯を食べるか問題。 与論島のガイドブックはないし、インターネットの口コミもどこまで信用していいものか…。初日はかき氷を沖縄のパーラー風のお店で食べてなんとか気持ちをつないだのですが(普通に美味しかった)、二日目も同じものを食べるのかというと微妙だし。せっかく食べるなら、美味しいものが食べたいですよね~! 田中のアホという名前のかき氷。       「こことかは、よく行く人がおるみたいやけどね~」と、初日のチェックインの時にオーナーさんが教えてくださった情報をもとに、「福家」さんへ行きました。朝からサップで水遊びをして、夫氏も私もお腹がぺこぺこ。 本当に美味しくて、二日目のお昼だけでなく三日目のお昼もここで頂きました。   お洒落なお店   民宿などが立ち並ぶ東側の地区にある、新しめのお店ですぐに見つけられました。駐車スペースは一台分?お店の前にありましたが、あいにく埋まっていたので、付近に路上駐車して食事をしました。   店内は広く、テーブル席が三つとカウンターがあり、奥には個室もあるみたいです。 入るとあたたかくいらっしゃいませ!と迎えてもらえるので、それも嬉しい~。 与論島は沖縄と一緒?で、海で遊んでそのままの格好でうろうろしてる人が多いです。ですが、ここのお店に入る時はしっかり身体を拭いて、乾いたお洋服で来てくださいね! 二日目はテーブル席が満席だったのでカウンターで、三日目はテーブル席で案内していただきました。     お得なランチメニュー   私はレディースランチの焼きカレーに卵トッピングを注文しました。夫氏は二日目はハンバーグ、三日目はエビのパスタを注文してました。レディースセット、男性でも注文できるのかな?   ランチに付いているスープは飲み放題でした。ごはんが来るってわかっていても、何杯でもおかわりしてしまいそうな優しい和風だしのスープでした。 二日目と三日目ですこーし具材が違ってた気がします。(曖昧) ランチには小さいサラダも付いてくるのですが、2日ともすこしお野菜が違っていました。三日目のサラダにはゴーヤーが入っていた~♪ こんな感じで少しずつ違うので、連日来ても飽きそうにないです。というか、美味しいものは毎日食べても美味しい! 美味しいものがこれだけ付いて1000円前後。こんなにお得すぎていいのかなって思うぐらいでした。   ボリューム満点、しかも美味しい   お客さんも多かったので、料理が出るまで待つかな?と思っていましたが、スープやサラダを食べていると、すぐにメインが運ばれてきました。 焼きカレーはマンゴー風味のトロピカルな香りのするカレーライスを焼いたもので、熱々で頂きました。写真ではあまり判りませんが、お皿が深くてたっぷり量のある一品です。普段は糖質制限で控えている私も、美味しいのでぺろりと食べてしまいました。(半分夫氏にあげた) ちなみに、上が焼きカレーで下がハンバーグの写真です。 そっくり。 上からも写真を撮りました。 上がハンバーグの写真で、下が焼きカレー。 そっくり。 エビのパスタの写真はこちら。山盛りです。量に満足するだけでなく、本当に美味しい! ごちそうさまでした♪ … Continue reading 与論島でごはん : 福家

Yoron trip quick report with 20+ photos: 写真で振り返る弾丸与論島旅行

先週末の三連休に、与論島へ行ってきました。 本部港から船で約二時間半の旅。 下船すると、この世の天国みたいな場所でした。   Last weekends, we went to Yoron island, Kagoshima. The island was really lovely. Heavenly beaches! Amazing restaurant "福家(Fuku-ya)".     These are photos of "しろ旅". I am a big lover of Shirotan.   YOLO(n).