【三浦春馬くん】悲しみは悲しみとしてあっていい【ありがとう】

この記事を書いている今日、2020年9月4日は、急逝した三浦春馬くんの四十九日です。 7月18日に訃報が流れてから、様々な友人俳優や関係者の方が追悼のメッセージを出しています。 そして今日、所属事務所アミューズも公式なコメントを出しました。 思うところは沢山ありますが、ひとまず今日は、彼の旅立ちに思いを馳せます。 前を向くことについて 親交の深かった俳優さんたちの追悼コメント、悲しみの中にありながらも、前向きな気持ちの表現が多かったように思います。 芸能界という特殊な社会で、一般人の私には見えないような酸いも甘いも知っている仲間が、突然失われてしまった。 その喪失感はどんなに辛いものだろうと思います。 そのような耐え難い悲しみの中でさえも、明るいメッセージを紡ぐこと。頑張るよという言葉。 プロだなあと思いました。 https://www.instagram.com/p/CC_PwmilWI1/?igshid=13e1adli4wnxr 城田優くんのInstagram https://www.instagram.com/p/CDDcafvDfeO/?igshid=1gxqtk71ddl9f 三浦翔平くんのInstagram 悲しみは悲しみとしてあっていい 春馬くんと同じ事務所の、神木隆之介くん。 彼のメッセージは次のようなものでした。 https://twitter.com/kamiki_official/status/1293487709432946689?s=19 大切な人が永遠に失われる。 そんな異常な現実に対する、心の正しい反応だと思うんです。 気持ちの整理ができてなくっていい。 あなたの分まで、とか思えなくてもいい。 悲しみは悲しみとしてあっていいんだと思います。 悲しみという言葉では足りない、重く切ない、名前の付けようのない気持ちを抱えていてもいい。 10年前、私も大切な人を亡くしました。 彼女が亡くなって10年が経った今でも、亡くなってしまったことが悲しいし、あの笑顔にまた会いたいと思うんです。 もしも生きていたら、と考えます。 もしも…という願いほど切ないものはないですよね。 もしもを願わずにはいられないけれど、時間は元に戻らないし、夜が来てやがて朝になる。 悲しみは悲しみとして抱いたままで、今日を頑張ろう。 悲しみと共に少しずつ、新しい普段の生活に慣れていけばいい。 本当のことは彼しか知らない 本日、事務所が正式にコメントを出しましたね。 色々な意見があると思いますが、一旦は事務所のコメントをそのまま受け止めて、今は春馬くんの旅立ちに思いを馳せていたいです。 https://twitter.com/kagekineko/status/1290521528803536901?s=19 真相を知りたいという気持ちはすごくある。 でも焦らず、彼の死を悼み、彼に影響を受けて、少しずつ普段の生活を送ろう。 新しい生活を。 誰が撮った春馬くんも美しいんですが、レスリーキーさんの写真がすごく好きです。 https://www.instagram.com/p/CDIDVkFJg3R/?igshid=14rs567pv1d1j レスリーキーさんの公式YouTubeに上がってるビデオも最高なので是非。 https://youtu.be/QYtbrVaiQm8 最初に出てくるよん 神様の美しい創造物だった、三浦春馬くん。 その美しさは見た目だけじゃなくて、たくさんの人を温めてくれたね。 9月4日、東京の空は晴れていたのかな。 天国に昇って、どうか心から笑っていて。 もっと伝えたかったこと、やりたかったことがあるだろうけど、心配はしないでいて。 あたたかい場所で、愛に包まれていてね。